« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

珈琲土蔵

vientoを後にして、向かったのは何のことはない。。。ここで~す!

P1000239

蔵茶房 かわらや 19号線から入ってすぐにあります。とってもレトロな雰囲気なお店なのです。good

お昼に死ぬほど食べたので、コーヒーcafeだけのつもりが

じゃじゃ~ん! pig

P1000241

クリーム白玉コーヒーぜんざい happy02 で~す

右にある、小さい急須の中にはコーヒーcafeが入ってますよ!

これを上からグル~りと回し入れます。

すると、あ~ら不思議wobbly・・・湯気が出てと~っても美味しいのです!

小豆もクリームも甘さ控えめでコーヒーcafeのお味がさらに大人の味を演出してくれます。

最後はオーレのようにしていただいてもよろしいかと思います。

冷たいクリーム&熱いコーヒーcafeのミスマッチが堪りませ~んlovely

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年2月28日 (木)

原画展会場vientoにて

こいでみほ原画展 絵本「あいしているっていって」も

今度の土曜日で終了です ~3/1(土)まで

・・・プチ旅行中津川編・・・

「ちこり村」を出ると坂下へ続く橋を渡ります。そこを渡ってすぐ左のお土産屋さんhouseに立ち寄りました。

ここには地元作家の工芸品で栗の殻を使った虫や動物が一つの物語のように展示されていましたよ。

お土産売り場には「おそばnoodle」それに「木製品bud」美味しそうなお漬物などがたくさん売られています。店の1番奥には出雲福徳神社の御祈祷品まで置かれていました。

ここの神社は私の絵本「あいして・・・・」の新聞記事の丁度横に紹介されていたので覚えています。この神社には恵比寿さまと大黒天さまが祀られているらしいですがスケジュールの都合で見られません。なので、ちいさなお土産を買いましたmoneybag

P1000253

陶器の恵比寿さま、大黒天さまhappy02

七福神の根付(ちょっと顔がへんかも:笑!)coldsweats01

子どもには「金運キャッチグローブ」shine

焼酎bottle2本買っちゃったので重いものはパスng

買い物していよいよ原画展開催場所であるvientoさんへ行くことに・・・

きりら坂を上って行くとそこの途中にありました!

ブログでしか見ていない私は実際のお店carouselponyをこの時初めて見たわけです。

かなりのローカル地区です!coldsweats01しかし、その割には今回の原画展を見に来てくださっていたのが分かり、感謝、感謝です!heart02happy02heart04

近くにはしー子から聞いていた保育園housechickがあります。(幼稚園と間違えていましたが、このあたりではここしかないかな?)

店はこの日お休みなので人はいませんでしたがご主人と娘さん2人virgovirgoに会えてセキセインコのミントchickにも会えましたよ!

とても愛らしい女の子2人heartheartです。男2人spadespadeのうちとは違って可愛らしくていいわ~♪

記念に写真cameraを撮ってもらい、前から気になっていたクマのはちみつとうさぎのぬいぐるみを買ってしまいました~。

坂下の図書館bookには私の絵本1作目「おもいでにかわるまで」と2作目「あいしているっていって」を並べていただいています。

Photo

なぜか?私のポストカードの中の1枚である、うさぎ(ひまわり)も額におさめられて一緒に飾られていますgood

広報にも載せていただく事になっていて、この日原稿がFAXで届いていました。それはまた後ほど。

ここから、中津川駅trainまで送ってもらいますが、途中寄り道rvcarしていくことに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年2月27日 (水)

ちこり村

次の日には、名古屋駅から土岐までJRtrainで向かいます。そこに置いてあるしー子の車rvcarで中津川へと向かいました。

中津インターの横に「ちこり村house」があります。ここは去年vientoさんが出店したお祭り会場にもなった場所です。

ここで、私の絵本も置いたところ、今回の原画展の提案があったのです。

ちこり村にはちこりを頂ける和風レストランがあります。ビュッフェスタイルのヘルシーな野菜を中心とした料理はバーバ達が作っています。

お年寄りの働く場を作り食糧自給率を増やそうという地元の考えで、ここでは60歳以上の方が優先的に働いているそうです。

食べた感想は、まさに「バーバーズ・ダイニング」です。good手作りの味!ですよheart02

お隣には栗きんとんdeliciousのお店もありますし、私はちこり焼酎bottleをお土産に買いましたmoneybag

P1000245

おしゃれなボトルが目を惹きましたlovely かわいいでしょ? 空いたらドレッシング何かを入れてもいいなと思ってます!

このちこりの根にはイヌリンという血糖値の上昇抑制効果があるということなので、体にもよさそうですよ。

この部分は以前は捨てられていたそうなのですがこのような成分が含まれている事が分かり、焼酎bottleという形にしたようです。

そして私がいいと思った事はこのボトルを持って行くと、ビンの値段を引いて中身を入れてくれるんですって!私は地元ではないので来ないけれど、地元の人にはいいことですね。環境cloverを考えてこうした取り組みをしようということが何よりも大切なのだと思いました。

外にはこんな可愛いものが立っていましたよhappy02

P1000237

ミニログハウスbud・・・中に梯子があって、どうやら上に登れるみたいです!

子どもが小さかったら絶対に上りそうです。。。本物の木budでできてます。これが2つはありました。

ここのちこり村はスキー客snowboardや観光客busが立ち寄るようです。

中国産など食の問題が多く取り上げられ始めた今、健康と食事には注目してしまいますね。国産、自給の大切さ、今1度考えたい課題だと思います。think

こうして地元が農家と始めたことは私はとてもいいことだと思いますね。

高齢化の問題にも現実的に取り組んでいるのがよく分かります。お金では解決できないこと…生きがいが生かされていること・・・素晴らしいですね☆flair

今の時代、国よりも地域が一体になって特色作りに乗り出すのがベストなのかもしれません。

この後は念願のvientoさんへ向かいますrvcar

| | コメント (7) | トラックバック (1)
|

2008年2月26日 (火)

プチ同窓会

2/23~25に「あいしているって・・・」原画展を見がてら旧友数名とのプチ同窓会に行ってきました

23日夜名古屋高島屋でまずはvientoのしー子と合流!最近では車ばかりで移動なので駅なんてそれこそ○○年も使用していない。すっかりきれいになっているのには驚きました。

ブログでは会っていても、”生”しー子に会うのは数年ぶりなのに、待ち合わせの高島屋前はものすごい数の人だらけです!(本当に探し出せるの?)

どれだ~?て探してると・・・いた!(感激~♪)「しー子~!」て手を振りながら近づいて行くとあちらもやっと気がついて「TOMY~♪」

会った瞬間に学生時代に戻ってしまえるのって、いいですよ!違和感なし(@▽<)~☆

早速タクシーに乗って他の友人達3人との待ち合わせ場所に着きました。

P1000235

「久し振り~!」I君とKさんです。キャアキャア言いながら、あれ?そういえばもう一人まだだねえ・・・しばらくして、もう1人H君登場。

5人で予約した場へ移動しまずは「カンパ~イ♪」とても楽しかったですよ(^^)

数年前の同窓会以来ですが、全然変わっていない?というか違和感なし!

今回、私の絵本がきっかけでこうして会うことになったのですが、口実みたいなもので気の合う仲間の集まりといった感じです。お互いの近況報告をしあったり、来られなかった子の話などいろいろと盛り上がりました!時間はあっという間に過ぎ2次会はバーへ。

ここで、しー子のした事は・・・「ねえ、これどう?」といって取り出した袋(?)「あっ、それやばいでしょ!」「大丈夫、大丈夫・・・」て中から栗きんとんを出しました!(バーのお兄ちゃんに見られたらやばい~)でも結局隠れて”パクリ”。食べてしまいましたわ(^^;)美味しいの、これが!(笑)何か学生時代の延長?

何年も経ってからの今でしか出来ない話とか、まだまだ話足りなかったけれど、皆さん家庭持ちなので別れを惜しみながらもまた会おうと約束してお開きとなりました。

私としー子はホテルで1泊!話すことが沢山ありすぎて朝4時くらいまではしゃべっていたかも(笑)

(こうして私だけが家を空けるのは初めてでしたが、子供とうちの旦那様どうしているかな~?でもこれで私の有難味も分かるでしょうよ・・・)

な~んて思ってる間もなく何度もメールが!私がどうしているか気になってるみたい。私は方向音痴だったりするので、心配しているとか?どうやら、そんな感じらしいけど・・・

次の日は中津川へ行きます。

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

2008年2月22日 (金)

絵本「おもいでにかわるまで」

私がこの本bookを出したのは2006年です。出版に関しては未知であり共同出版ということで出したのですが、お金もかかり、不安ながらも何かのきっかけが欲しかったのだったとも思います。

全国800店舗に置かれるということで、これを信じたわけですが実際には指定した本屋と自分で足を運んだところにしか置かれませんでした。中には知らないところで買ってくださっている本屋もあったわけですがほんの少数です。本来ならば営業料金を払っているのですから、その分出版社の営業が足を運ぶはずがFAXで済まされていたようです。ただ、新しい出版社であり、少しですが実際に出向いてもいたので何も言えませんでしたが、ほとんど努力されてないと思われます。

それでも、平積みにしていただいたところ、すべて売れ、また再度注文があったのです。中には最初から30冊も平積みにしてくださり、またその後も注文をしてくださっていました。遠いので残念ながらここの店長さんとは1度も会っていませんが、それでも売れていました。なので、たとえ1冊でも全国に置いていただいたらもっと人の目に触れていたかもしれません。

そして本は次から次へと出版されて来るため、ローテーションを繰り返していきます。

それでも書店では売上が販売実績として残っているので、今回お願いしましたくまざわ書店様から4店にGOサインがいただけました。もうすぐ、書店に並びます。

この1冊目のことで少し気が抜けていたような部分がありましたが、この1冊が2冊目に導く役目を果たしていたのかもしれません。しかし、置くだけなら誰でも出来ます。これから売れていってくれることを祈るばかりです。

私が嬉しいhappy01と思っているのは前回買ってくださった読者heartの方にまた2冊目をお知らせできることです。「2作目を待っていますねlovely」と言っていただき、プレッシャーと出版社への不信感との板挟み状態でした。

それでも、1作目を出版して半年後には「あいしているっていって」を書上げました。

そして実はgoodbookの前に別の2社に投稿していたのです。その後1社は「またおくってください」そしてもう1社は「作品として十分通用しますが話題性がないのでリスクを負えません」という回答でした。

話題性とは、芸能人とか、実話とか、難病だとか有名人のお墨付きとかいうことなのか・・・よくわかりませんが、なんとも現実的な回答でした。

またまた出版社に対しての不信感が増し、原稿はそのままでした。

翌年1月末にまったくの偶然ですが普段PCなどほとんどしない私が、PCを開き、出版に検索をかけてみたところ、この今の出版社goodbookを見つけたのです。

もうすでに原稿はあり、そのまま開局記念原稿として、ぎりぎりで送りました。

結果はないものと思い、書評でも聞けたら幸いと思っていました。そして、最終選考に残りましたが結果は×でした。でも3月の出版維新に最優先にしてくださるということで選択を迫られたのです・・・。

 なんだか、話が脱線してしまいました。今回は「おもいでにかわるまで」についてです。

このお話の中に出てくるうさぎのちびちゃんは、うちで飼っていたネザ―ランドドワーフという種類のうさぎをモデルにしているのです。これはお話の世界であり、しぐさや顔を絵にしたものです。書いたのは前の年2005年です。しかし、出版の後突然不思議な事にこの絵本と同じ運命をたどってしまったのです・・・weep

なんともやるせない気持ちでした。そして、私がこんな絵本を描いたが為に起こってしまったようにも思え、頭では分かっていても悔やむ気持ちが無かったとは言えなかったのです。こうして本当にうちのうさぎのチャッピーは私の思い出に変わってしまいましたclover

まるで予知してしまったのではないかcoldsweats02と思ったのはこのずっと後のことになります。この頃から時々意味のない予知夢を見たりしたり・・・この話はまた。

この絵本bookを見て感動してくださった方、泣いてくださった方に私も慰められ、励まされました。「何はともあれ、この本をこの世に出せて良かったな」そう思えましたconfident

ただ、この本の出版社には怒っていますpout版権やら販売権など何も言ってこないし、今後の対応についてどうするのかはっきりしてほしいです。代理人はどうしているのか・・・たぶん、出版を控えていた人から対象に動いているのでしょうが。shock

とにかくこの1作目「おもいでにかわるまで」が2作目「あいしているっていって」に繋がってくれていることは私にとって大事なことです。どちらの作品も大切な私の子供です。

1作目はまだネット販売でアマゾンなどで買えますがそのうちに幻の絵本になってしまうのでしょうか・・・書店は今チェックしていないので全然わかりません。実家とvientoに少しあります。

明日2/23~25は名古屋方面に足を運んでおります。おなじみvientoのしー子や旧友と親交bottlepigbeersmileを深めてきますgood

| | コメント (13) | トラックバック (2)
|

2008年2月19日 (火)

蛇のお告げ?

これは、私の結婚前のお話です

すでに今の旦那様との結婚が決まり、会社を寿退社する前でした。私の住んでいたところは家が角に立っているので道を曲がってすぐに駐車場があります。

ある日の夜、仕事から戻った私の車はいつも通りに家の駐車場へと向かいました。そしてそこで見たものは!

「ものすごく大きな蛇」です。文字通り蛇行して進んでいる様なのですが下がコンクリートになっている為かなかなか進まないみたいでした。

丁度家の駐車場のまん前にいるので入れません。そのヘッドライトに浮かびあがる姿はこの世のものとは思えない程の大きな体・・・どの位かというと、くねっているので憶測ですがたぶん、まっすぐになったとしたら3m?そして、太さもかなりありました。直径10㎝はあったと思います。いわゆる大蛇、青大将です。このヘビは家の守り神として扱われることもあるそうですが、こんな大きな蛇が本当にこのあたりの家の屋根裏とかに住んでいるのかどうか・・・。居たのは私の家?(ゾ~!)

とにかく、驚いたと同時に怖カで動けず、エンジンをかけたままその様子をただ呆然と見守るほかありませんでした。

体をうねらせながら必死にどこかへ行こうとしているのですが、どうやら目的地はうちの斜め前の家です。かなりの時間そうして見ていたようにも思いますが正確には時間の感覚はありません。

ヘッドライトの光の輪からもかなりぬけ出した頃、やっと車を駐車することが出来ました。

そして、確認!こっちに引き返してきたりしたら怖いので、すぐには降りられずに、じっと眼をこらしていましたが、もうヘビはいませんでした。

あの調子ではまだいるのではないかと疑っていたのですが、どうやら本当にいない様子。不思議に思いながらも恐る恐る車から降りて、ダッシュで玄関へ直行しました。

心臓はバクバクで、母に今見た事を聞かせました。母もそんな大きな蛇がいた事を怖がっていましたが、この住宅街の近隣には田んぼや畑があるし、家の周りの溝はその当時溝蓋に小さな穴が開いていて開けられるようになっていたので、ネズミを追ってやってきたとも考えられるので、あながちない話ではないのです。(ただし、あなは10㎝も空いてはいません)

ただ、このあとの話は人によっては偶然と取られるかもしれませんが、私は何か不思議な気がしています。

最初に書いたとおり、私は結婚を控えていてこのあと無事結婚したのですが、私の結婚後すぐにあの蛇が向かっていた家の娘に縁談が決まったのです。その後は私の隣に住む娘です。

どう見ても偶然と言えば偶然なのですが、あの光景を見た私にはどうも蛇が幸福をもたらしたのではないかという気がしてなりませんでした。

大きな蛇は家の主になるという話は誰もが聞いた事があるかと思いますが、この体験を機に私の中ではやはり信じようという気持ちが働いた瞬間でした。

        ・・・・ by miho ・・・

| | コメント (14) | トラックバック (0)
|

2008年2月16日 (土)

おばあちゃんとのふしぎな話

まだ私が小さかった頃、今は亡きおばあちゃんと一緒に体験した不思議な話です。

私の叔母さん、つまりおばあちゃんの娘になりますが、その叔母さんのお腹の中には赤ちゃんがいました。おばあちゃんは男の子か女の子かを知りたいと思い、私を連れて、ある所へ向かいました。

その場所には、確か「子抱き地蔵」と言ったと思いますが、そんな名前のお地蔵様があったのです。

このお地蔵様の大きさは生後3か月くらいの赤ちゃんをおくるみで包んだ程のものです。

まずお参りをして、「もしも男の子ならば軽く、女の子なら重くしてください」とお願いします。

いよいよ実際に抱いてみると、なかなか持ち上がりませんでした。おばあちゃんはもう1度チャレンジしてみましたがやはり持ち上がりませんでした。

「みほちゃん、女の子かなあ?」 おばあちゃんはそう言って納得したようにそこを後にしました。

その時の私は「本当かな?それが本当だったら凄いことだ!」 と思ったし、不思議な事を期待する気持でいっぱいだったと思います。

その後、叔母さんの出産があり、結果は「女の子」だったのです!

でも実を言えば期待していたのとは裏腹に「もしかしたら、偶然当たったのでは?」 とも思ったのです。

しかし、この後もう一人の叔母さんも出産を控えていたのです。

この叔母さんの赤ちゃんについては私は一緒について行かなかったのですが、おばあちゃんは1人でまたあのお地蔵様の所へ足を運んでいたのです。

そして、「今度は軽々と持ち上がったので男の子ではないか」 と内心思ったそうです。

この事は、たぶんおばあちゃんも不思議に思っていたのでしょうが、生まれた後に教えてもらったのです。

しかし、本当に男の子が生まれ、安心してみんなにこの話をしてくれました。

私は実際に一緒について行き、全然持ち上がらなかった場面を目撃していただけに、なおさら不思議に思えてなりませんでした。

こんな不思議な話をあなたはどう思いますか?

これは私が体験した不思議な話の中のほんの1つでしかないのですが、現実に体験したことです。

この世の中には理屈では語れないこ事が数々あるのです。

この当時は赤ちゃんの性別は今のようにまだわからないことが多かったので、こうしたことを知っている人はこのお地蔵様にお参りしに来ていたようです。

今もまだ、もちろんありますよ。あの時は可愛い赤いよだれかけのようなものをしていらっしゃいました。時々前を通るとやはり、可愛いおべべのようなものを着ています。

誰が着せているのかわかりませんが、みんなから愛されているのがわかります。

今は病院で性別が大体は分かりますが、これからもまた、そこを訪れる人がいるのかどうでしょうか・・・今もひっそりとそのままです。

           ・・・・・ by miho ・・・・・

| | コメント (15) | トラックバック (0)
|

2008年2月14日 (木)

今日の朝日新聞朝刊

新聞の3面に載っています

P1000223_2

出版物対する国の相違点が記事になっています。比較は日独英の3カ国を対象としたもの。ドイツには見習う点が沢山あるようです。

他国に比べて日本の返品率は高く、その理由としては委託制度の為と考えられています。

独英ともに出版物に関しては買い切りが原則日本だけが委託制度という返品自由というまさに書店優先の考えになっています。

この事が書店員の出版物に関する「選択眼」を育てられないという悪循環を作り、結果大型店に売れ筋が集中するのです。

P1000224

こんな様なことが新聞に載っていました。

いずれも今までgoodbookが言って来たことそのままです!

返品が当たり前という意識が 『本を売ろう!売りたい!この本は良いから是非みんなに知って欲しいし、買ってもらいたい』 と思っている書店員の方がどれだけいるでしょうか?

今の日本の書店ではただ本を売る人というのが現状のようです。

作り手(出版社)は私達作者も含め、『いいものを作りたい、1冊1冊を大切にしたい』 と思っているのですが、それとは矛盾するように書店によっては、雑に扱われたり売れなければ返品すればいいという考えが定着してしまっているようです。中にはそうでないところも勿論あるとは思いますが、大概は前者です。

これでは新刊ばかりが増えて返品率は高くなるばかりです・・・

傷んだ本はいったいどこへ行くのでしょうか?裁断の運命をたどるのでしょうか・・・?

このことをgoodbookは前から言っていましたが、このように新聞に載って初めて知る人も少なくはないと思います。

私の絵本も書店に並び始めていますが、見本以外はすべてビニパックに入れられています。なぜならやはり前々から書店での本の傷み具合を無意識に気が付いていたからだと思います。かなり丈夫なのでこの方法だと痛む心配もないし、またネット注文で買って頂いている方からの「リボンがついてかわいい」という声もあったからですが、確かにいい方法かも。

ただし、日本1の貧乏会社と自称するだけあって、宣伝がないのが現状です。読者と作者を優先させたらこうなったというところです。

でも、作品内容と品質、サービスにはポリシーのある出版社がgoodbookです。

少しでも多くの方に目に触れられるように努力しなくてはいけないなと思う次第です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2008年2月13日 (水)

時には読書もしたい

何だか、最近本を読む時間がなくなってしまい、ブログばかりに・・・

でもまだ沢山の本が待機していて、まずはこの読みかけから読んでいます。

P1000221 短い文章なのに、夜更かししているせいか途中で寝てしまうんですよ。

それでなかなか進まないのですが、後少し。

これは、体験談です。

犬を飼っていらっしゃる方には当然のことですが、迷っている方は1度読んでもいいかも。

犬を飼うとどんな事が待ち受けているかとか、この作者の家族の中でどんな事になったかが描かれています。

語り口は砕けた感じで、わかりやすくまとめられています。

文字な苦手な方も安心して読めますよ。

「犬を飼うとは・・・・」 著 赤羽久忠 

¥1.260(税込) goodbook出版

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

で、まだ小説が買いこんであるにかかわらず、また買ってしまいました。

でも、絵本を見るは楽しい!

P1000222

ターシャ・デューダーの「輝きの季節」

素敵な絵とお母さんが過ごした1年のお話をおばあさんが語っていきます。

やさしい絵が心を癒してくれる・・・

日本では見られない行事や衣服などが見ていて楽しい♪

絵本でしか味わえないものがここにはあります。

私は読み物としては小説の方が好きですが、文字だけではない感動が絵であったり、写真であったりするものだと思っています。

1枚の絵の中にはいつも物語が存在しているのです。

今はデジタルカメラでPCに画像を保管している方がほとんどでしょうが、私はアルバムの方が好きなんです。

見たい時にさっと出して見られるのがそれ。

PC画像よりも暖かい紙の感触は和みを生み出す力があるのかな・・・

視覚と触覚・・・人間の持つ感覚って不思議ですね。脳からいろんな指令がくだってさまざまな感情を生みだしている。

こういったものを子どもの時期に鍛えることが将来何かの役に立つのかも知れんせん。

絵と文章が1冊1冊の本になった時、初めて生き生きとしたものに生まれ変わります。私の絵本もそうやって誕生しました。

喜んでいただいた方からの気持ちを元に今後も人の心の中に残る絵本を書き続けて行けたらいいなとあらためて思っています。

今、人は何を求めているのでしょうか?どこかに何かを忘れてきたような感覚がありませんか?

ただ、面白いだけでなく、心にしっかりと残る作品がこれからはもっと必要になるでしょうね。

私もそんなお手伝いが出来る人になりたいと思います。

その中にはいつも愛が感じられますように・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年2月 9日 (土)

昨日は1日営業に行ってきました

昨日は平塚でフレンチランチしてきました

その前にちょっと、絵本が置いてある伊勢原の東海大学病院へ行き、ポストカードを買い取ってもらいました。ポストカードはバラで販売されることになりました。病院内の雑貨売り場の奥が書店です。小さいですが人は沢山入っています。

絵本はレジの横に置かれていましたが、ここは子どもがほとんど買いに来ないので、今後が心配です。

大人が見てお孫さんや子供の為に買ってくださるといいのですが・・・

ここは新しく建てられて移動したので、まだ場所を知らない人も沢山いるようです。ここにこられた方は覗いてみてくださいね。受付を左に行った奥にあります。

  神奈川県伊勢原市下糟屋143
  東海大学病院内1階 ブックス望星

この後ランチをしたフレンチのお店は

ブラッシェリ・H×M (アッシュエムと読みます)

http://www.b-h-m.com/style/gallery.html

海からも平塚駅からも5分のところにあります

P1000216

カジュアルなこじんまりとしたお店ですがここには地元のアーチスト達の展示が頻繁に行われています

私のポストカード、詩集「DESTINY]の挿絵原画展もここで12月に開く予定です。今回初めて足を運び、見てきました

スタッフ達がにこやかなに出迎えてくれます

料理を説明してくれますが、「村山さんちの野菜」というくだりがあり、「だれですか?」と聞いてしまいましたが、この辺では有名な農家の方だそうで、有機野菜をおろされているそうです。

今の食の安全を考えると、こういった事を説明してもらえると、とても安心しますよね(^^)

外食だと何を使っているのかわからないですが、こういうことをアピールすることはこれから大事なことかもしれません。もし有害な野菜が使われていたら・・・私は遠慮したいです(^^;)

美味しい食事をしながら、お店の壁にかかる絵が見られます。12月にどのように展示しよう?何点掛けようか?などと考えていましたが・・・また来ては考えることにします

約1か月の予約なので、出来るだけたくさん掛けようかな・・・でもスペースもないと変かな?などと考えながらお店を後にしました

この後は茅ヶ崎にある文教堂へ行きましたよ。前に絵本を置いてもらった円蔵店ではなく、今度は南店です

まだ話だけでしたが、この日に置いていただけることになりました。

とても優しそうな、絵本に興味のある店長さんで仕事意識を強く感じました。以前あった絵本コーナーを広くして子供にもっと見せてあげたいとおっしゃってました。(すばらしいです)

前向きに熱心に仕事をされている人は輝いて見えますね(@▽@) 私、ちょっと感激しました

この出会いが無駄にならないように絵本が売れてくれることを願います!

こうして、昨日は1日営業に費やしたのでした・・・

P1000217

茅ヶ崎市東海岸北3-10-20

文教堂書店 茅ヶ崎南店 さん

| | コメント (8) | トラックバック (2)
|

2008年2月 7日 (木)

中日新聞記事

2/2(土)「恵峰ホームニュース」カラー版と「木曽ホームニュース」モノクロに載った新聞記事が昨日届きました。

いずれも中日新聞の中津川版1面です。

P1000215

同じ記事ですので、こちらの方をUPします。

私の絵本と塗り絵を持っているのはvientoオーナーのしー子さんです。

後ろには原画があります。

土曜日に始まり、まだ1週間も経っていないんですね。3月までに何とか成果が出てくれると嬉しいのですが、この新聞のおかげでお店と私の絵本の知名度は少し上がったようです(笑)

お店ではいつもより雑貨の売上も伸びているようですし、お店の雑貨と絵本が相乗効果を生んでくれているようです。友達としてこんなに嬉しいことはありません。

今までそれぞれ別でやっていた事が 今回のことでお互に楽しみながら向上していこうという姿勢が出来て、何だか学生時代に戻ったような気がします(>▽<)/

遠くにいてもネットではこんなに近く感じることも出来るのですね。

このブログ自体が無かったかもしれないのに、今こうしていることは最初から決まっていたのでしょうか・・・

運命や必然・・・いくつもの出会いはいいものもあればいやなこともありますが、それぞれなくてはならなかったことだと思います。

でなければ、今の自分は存在しないからです。

後悔ばかりしている人がいますが、それは自分を否定することになるのでやめた方がいいと思います。悪いと思っていたことこそ、後に起こるすべてを反映しているのだと私は思うのです。

だから前向きになって、今あった失敗は明日になったら笑えるように先を見据えていたいですね(@v<)~☆

今回のように、巡り巡って再会ということもあるので、何が起こるかわからないですよ!

分からないから今を大切にしていきたいと思いませんか?

嬉しいことや楽しい事が待っているかもしれませんね・・・

この記事の隣に 出雲福徳神社が載っています。ここに「1位合格箸」が載っていますが私、どうもこの記事が気になりますね。。。

今度vientoさんを訪れたら買いたいと思っています(^皿^)

原画展に来てくださった方からこの神社に行かれたと教えてもらっていたので、新聞を見て納得です!

すやの栗きんとんも、この新聞に名前だけ目立つところに載っています。私の大好物です。

P1000212

中津川の銘菓です! 絶対に美味しいので、チャンスがあったら、召し上がってください。

10月~2月の限定だと思います。他のお店にも勿論あります、東濃地区なら支店があるので調べてみてくださいね。

他のお店のネット販売のものも食べた事がありますよ、便利になりました。

栗が苦手な人は・・・「これを食べてから言え!」と言いたいですわ (^o^)b

今日は、坂下図書館で私の絵本「おもいでにかわるまで」と「あいしているっていって」を買っていただきました。どうもありがとうございました。

では !

「恵那山ねっと」コメント欄に本の感想や原画展に関してのことを書き込んでくださいね

「恵那山ねっとホームニュース」

http://enasan.net/blog/news/002077.php 

「恵那山ねっとcotocoto」

http://enasan.cotocoto.jp/event/18971 

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

2008年2月 5日 (火)

富士山パワー

今日は 朝から良い事がありました

こ~んな プレゼントをいただきました~♪

ピノコさんのクイズ(http://ameblo.jp/crayon-club/)でアタリ!貰っちゃいましたよ(>▽<)☆

2つあるうちのまずは1つ・・・私もケチだから(笑)

では、皆さんにもこのパワーをおすそわけします。

どど~~ん!!

Photo

流石 富士山です v(@v@)/

すがすがしいですね

うちからだと この画像のような裾野は見えません。

肉眼で見たら きっとすごい迫力ですよ!

あまりにもモチーフになりすぎて 代り映えがないとおっしゃるあなたは、1度本物の富士山を見に行っていただきたい!

何か、敬虔な気持ちになれること 請け合いです!

今日は、朝から忙しかったので PCにはあまり近づけませんでした。なんせ子供の受験発表の日でしたから

仲のいいお友達と一緒に受けて、2人とも合格でした~♪

しかし、その後の書類が沢山あって・・・しかもあさってには提出!

振り込みや引き落としなどやることがいっぱい。

おまけに昨日の雪の為買い物もしないと男3人の胃袋は満たされないのだ・・・

と思っていると子供に買い物に連れて行かれて・・・何だか忙しい(vv)

今も なんだか眠くてたまらず・・・Zzz 失礼します

こちらに「恵那山ねっとタウンニュース」さんのURLを張り付けておきますので宜しければ覗いてくださいね。コメント欄もありますので行った感想や本についての感想など自由に書き込んでください。(地図も載ってます)コメントはあちらに投稿されます

http://enasan.net/blog/news/002077.php

| | コメント (19) | トラックバック (0)
|

2008年2月 3日 (日)

絵本原画展初日のもよう

いよいよ、昨日viento主催の絵本原画展が開かれました!

ここは朝早く9時にはお店が開いています。 忙しいかな?どうかな~?と思いつつも、昼過ぎには私も我慢できなくなりオーナーしー子にメール。

2時近くには約15名程の入場 そして、午後から合わせて26名でした。初日にしてはいいスタート! 絵本やポストカードの購入もあり、雑貨のほうも好調そうです。 今日は朝の中日新聞(恵峰ホーム)に掲載されていたので、見て早速来てくれた近所の方や初めてのお客様もいらっしゃったみたいです★。・。・

そして、なもねっとさんの取材もこなしたオーナーは、お疲れの為、今頃いびきでもかいているでしょうか?

こちらに「恵那山ねっとタウンニュース」さんのURLを張り付けておきますので宜しければ覗いてくださいね。コメント欄もありますので行った感想や本についての乾燥など自由に書き込んでください。(地図も載ってます)コメントはあちらに投稿されます。

http://enasan.net/blog/news/002077.php

こちらは掲示板 「恵那山cotocoto」です。こちらはコメントがみられます。原画展についてや本の感想など思った事をかいてくださいね。

http://enasan.cotocoto.jp/event/18971

・・・・・「あいしているっていって」原画展・・・・・

    2月2日(土)~3月1日(土)

    ☆zakka viento

    中津川市坂下1972-3

    050-3303-9124

         (日曜定休日 2/9,10,11は営業します

お休みや天候はお確かめの上お越しくださいませ

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2008年2月 1日 (金)

恵那山ねっとに載りました(@▽@)

★私の絵本、「あいしているっていって」の原画展が

                いよいよ明日から始まります★

雑貨の店vientoさんで、前回の「恵峰ホーム」さんに続き

今度は「恵那山ねっと」さんの取材があり、今日のホームページに載りました\(^o^)/

ここから原画が飾られている様子が少しだけ見る事が出来ます!

場所は輸入雑貨の店なので私の絵本の雰囲気と合わせてなるべく明るく楽しい雰囲気を出したいと思っていました。

そこはオーナーも同じだったようで原画展といってもかしこまった感じのない親しみやすい感じ。 子供から大人まで気軽に見られる様になっています。

ここの近くには幼稚園などもあり、保育士さんやお母様方からの熱い支持をいただいてきました。

そして、お祭りで新聞関係者様から原画展を開いて多くの方に知ってもらった方がいいというご提案をいただき今回の原画展開催に繋がりました。

この岐阜の中津川は以前住んでいた多治見からもっと奥に入って行くのですが、殆ど長野に近い位置にあります。

馬篭・妻篭という古い街並みの残る観光地があるところです。このあたりは栗きんとんやカラスミの名産地でもあり実は私、大好きです。栗きんとんは栗そのものが煉られ茶金絞りにされたもの、カラスミはおもちとういろうの中間みたいなものかな~。品が良くてとても美味しいんです!特に栗きんとんはものすご~く美味しいので絶対に食べるべきですよ(@V<)☆

少し足を延ばして観光にいらしたら、ぜひこの原画展も見に来てくださいね♪

可愛い雑貨や今はバレンタインのチョコレートも沢山並んでいるので遊びついでに見に行ってください!固まらないハンガリー産のクマ容器に入ったハチミツが人気らしいですが、今風邪をひいていらっしゃる方にも重宝しますよ。

では、こちらに「恵那山ねっとタウンニュース」さんのURLを張り付けておきますので宜しければ覗いてくださいね。コメント欄もありますので自由に書き込んでください。(地図も載ってます)

http://enasan.net/blog/news/002077.php

こちらは掲示板 「恵那山cotocoto」

http://enasan.cotocoto.jp/event/18971

・・・・・「あいしているっていって」原画展・・・・・

    2月2日(土)~3月1日(土)

    ☆zakka viento

    中津川市坂下1972-3

    050-3303-9124

    http://viento.blog.ocn.ne.jp/skip/

| | コメント (18) | トラックバック (1)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »