« 坂下図書館より | トップページ | 幼稚園へ行ってきました »

2008年3月 6日 (木)

とある街のとあるスーパー物語

来ました。みんなには届いたというこの本が!

私のところには一足遅く到着しましたが、昨日早速読みましたよ。

この本を知ったのはgoodbookの本の紹介でまだ何も出来上がっていなかった頃です。

スーパーの日常の笑えそうな事が書いてあるということで、ずっと楽しみにしていました。

実は挿絵をかいてみようかな~なんて思い・・・でも私の絵と合うかどうか分からないと思って応募はやめましたが、本は読んでみたいと思っていました。。。

なぜって、私達主婦は幼稚園や学校、地域いろいろとストレスがたまっているものですから、時々「とにかく笑えるものが読みたい!」と思ってしまうのですよ!

小説もミステリーや猟奇殺人なんかを読むと気が入りすぎて暗くなってしまう事があるのでその後は明るいものやハッピーエンドのものを読むようにしています。

子どもの頃なら、漫画ですが今では小説の方が面白いですから、「これはなかなかいいかも!」とひそかにチェックしていたんですよ。

本がブログで掲載されていましたので途中から読んでいましたが実は最初は読み辛かったです。

何しろ私もまだブログを始めたばかりで、絵文字が入ったりどどこから始まっているのかとか全然分からず・・・でも今は読むのも慣れました。

ブログはここ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/goodbook_2007

本では、前半はブログのような実話が、後半はまったくのフィクションです。

本当はもっと沢山の内容があり、面白可笑しい事が起こっています。この本を読んでさらにブログも読んでいただくと、主人公や周りのキャラクターの事が詳しく分かりますよ。

Photo

「とある街のとあるスーパー物語」 

¥1200(税別)  goodbookより出版しています

ネット注文 → shuppan@goodbook.jp

|
|

« 坂下図書館より | トップページ | 幼稚園へ行ってきました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

やっと届いたんだcoldsweats01
よかったね~。
面白かったけど・・・チョットここには書けない感想も・・・
すずちゃん頑張れ!!

投稿: ピノコ | 2008年3月 6日 (木) 20時07分

紹介して頂いて、どうもありがとう ございます!
lovely
まだ、gooの簡単ホームページが存在していた頃でしたね。みほちゃんから最初にコメントを頂いたのは・・・。
(掲示板の方に)
サイトは閉鎖になってしまいましたが、閉鎖が決まってからは、ほとんど放置状態になってしまったのでした・・・。

でも、あのサイトから「とある街の・・・」ブログをクリックして読んで下さる方も増えた気がします。
ブログだけだと、読者数を増やすのは大変なんですよね・・・。
サイトを持っていると、そこへ訪問して下さる方が100単位でいらっしゃいますから・・・。
でも、管理が大変で、(ログ巡りや掲示板の返信など・・・)書きたいブログを書く時間が無くなってしまっていたので、閉鎖になって、どこか、ほっとしています。

・・・・って、話が全く違うことになってしまいましたね。

ごめ~ん!happy02

順序としては、ブログを読まずに、いきなり本をお読みになる方が絶対に良いでしょう。note特に、「とあるスーパー」の場合は。eye

鬼嫁日記も、私の場合は、最初に本を買って読んだので、その後アメーバブログで途中から読んでも、人間関係・・・といっても夫婦と娘の三人だけですが・・・充分理解できて面白い!scissors

最初のページから読み始める本とは違い、ブログはほとんどの方が途中からお読みになります。個人日記だと思えば、なんとも思わないブログも、「作家みたいな人が書いている」ブログとなると、そうはいかず・・・。数日読まずにいると、もう、訳が分からなくなり(本なら、しおりでもして、続きが読めますが)

読む方は、大変な努力が必要だろうな~と、思います。ごめんなさいね。。。weep
でも、正直に書いて下さってありがとう。
今後のブログ運営の参考になります。present

ブログは誰でも好きなスタイルで書き、発信できるという点で、私には楽しい遊びの場です。
その一方で、いつの間にか、何故か一般の方からプロの作家レベルのものを求められるようになり、いらぬプレッシャーも感じるようになりました・・・。

「とある」の本家を出版社のリンクから外してもらって良かったです。(自由奔放に書けない。。。)

本はページ数、少ないですよね。
でも、書き下ろしなので、こうなるのだろうと思います。予算の関係もあるのでしょう。
ほんとは300ページくらい欲しいですが、happy01それだと、本も私のブログそのものになってしまい、今回の本のような後半の面白いストーリー展開にはならなかったと思います。(これは100%編集長の力です!!up

本って難しいですね。
ブログ運営も。
営業も。
明日は棚卸しで今日は英会話講師の日でした。
ここに来て、疲れがどっと来ないよう、体調管理を万全にしたいと思います。
お互いに自分のペースで頑張りましょうね~!wink紹介ありがとうございました!!!heart01

投稿: すず | 2008年3月 6日 (木) 21時27分

すずちゃん、お疲れ様note
そうでしたね!最初はgooだったんだわ・・・かなり前の事のように思えます。2つがリンクしていてどっちから入ろうかとかよく解らないままなくなって・・・といろいろあったのにまだ1年も経ってないんですよね!
出版が決まってからかなり長い間編集作業に入り、仕事のかけ持ちやブログの更新本当に大変だったと思います。
上の紹介ではあまり詳しくは書けませんでしたが、人情味のあるお話お店ですね、前半も後半も。
主人公はまるですずちゃんのようだと思いました(笑)いつも一生懸命なのと機転を利かせているのかな?て思ってます。
昔の良さみたいなものが今忘れられていて、またそれが見直されるといいですね。
この本はそういう点もうかがえます。
中は、私も300ページだったら良かったと思いましたよ(笑)・・・かなり削ったりもしたのでしょうね。
後半がもっと長ければいろんなエピソードをもっと入れられてなお良くなったでしょうね。
新しい連載の方も頑張ってね。でも疲れないように美味しいものでも食べてよく寝てください。


投稿: みほ | 2008年3月 6日 (木) 23時33分

楽しい著書でした。
スーパーは身近にありすぎて私の生活テリトリーにあったった場所です。
だけど改めて、スーパーと言う商いをしているお店だったんだと思いました。私はお客さんとして買い物に行くのでいお店の方は、商いだったのでしょうが 私はスーパーの冷蔵庫から我家の冷蔵庫に移し変える お使い者の感覚です。この本を読んでからお店を見るとホントsign01 お店の方達の努力がよく分かりました。試食の場所や、納豆の並べてある棚。どれも工夫されていました。
お嫁入りの時に1冊いりますね。
『主婦の心得』としてgood

投稿: アリス | 2008年3月 7日 (金) 12時15分

アリスへ
スーパーも大手が乗り出し、今は小さいお店も押されぎみ!
だけど小さなお店にも良いところがあるし、工夫すれば人は集まるということもこの本を読んで分かってもらえますね。
ある意味そういった商店街の方たちに読んでもらえるといいのでは?

投稿: みほ | 2008年3月 7日 (金) 15時19分

ピノコっちへ
しまった!すずちゃんのコメントが長くてピノコのコメントが見えませんでしたcoldsweats02これ、少し見え辛いでしょ?
ほんと、内容を暴露karaokeは出来ないからね
まあ、読んでくださいといったところですよねsmile

投稿: みほ | 2008年3月 7日 (金) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450172/11017125

この記事へのトラックバック一覧です: とある街のとあるスーパー物語:

« 坂下図書館より | トップページ | 幼稚園へ行ってきました »