« 幼稚園へ行ってきました | トップページ | 「おもいでにかわるまで」公開 »

2008年3月 8日 (土)

幼稚園へ行ってきました②

座ってしまったものはもう仕方ない・・・ここは肝を据えて、と!

「園長、突然お邪魔してすみません。少し寄らしていただいただけですが、実は・・・」

封筒から塗り絵と手紙(すごい汚い字でした。すみません)を取り出して園長に渡しました。

「よろしかったら、子供たちに使ってください。男の子と女の子用がありますからどうぞ!こっちは私が新聞チラシに載った時のコピーと園長のいない場合にそなえたお手紙です。」

園長、「はい、ありがとうございます。これは・・・」

「ネット注文なんですが、今度近くの書店に並びますので、宜しかったらお願いいたします。今日はそのご報告も兼ねて伺いました。」さあ、帰ろうかなと思うと・・・

園長のお知り合いを通じて書店様をご紹介いただきました。(う、嬉しいです)

そして幼稚園の話に。

今は以前に比べてクラスが多くなったことや、設備を整えたりセキュリティーを強化したという話、昨日書いた門の事も。

門は父兄に渡したカードで電子ロックが外せるようになっています。幼稚園に変質者が侵入しないようにする為です。ここまできちんとするのは今の時代必要なのですね。

寂しいことではありますが、これが現実です

そして、ここの地区は幼稚園の競争も激しく、いろんな特色を考えています。

8年程前から、幼稚園でも時間外保育が普及し、今ではほとんどが行っていますがおやつ代程度で預かってくれる「キッズランド」というのがお母さんの間で人気があるそうです。

働くお母さんやほんの少し時間が欲しいおかあさん、ストレスを抱えたお母さんもいらっしゃることでしょう。そんなお母さん、またはお父さんに嬉しい取り組みです

そして、初めて聞いたのでここに書こうと思ったのが、未就園児親子クラスというものです。

クラスは40名という制限がありますが、2~3歳のお子さんが園で遊びを通して友達を作ったり、お母さん同士で親しくなれる場を設けようというクラスです。

月額も安く、子供が園に慣れていくのでお母さんは途中で帰っても良く、時間にお迎えに来ればいいそうです。この後子供たちは園に入りやすいので、泣いたりすることもなく、スムーズに入園出来るのです

これは簡単なように思われますが幼稚園の先生は大変だと思います。安い月謝ですからもしかしておやつ代だけのほとんどサービスになります。

これはお母さん方に朗報だと思いました

以前私の1作目の絵本を出版した時に講演を頼まれましたが、そのテーマが「母として女性として」でした。園からお母さんたちにエールを送ってほしいということで、卒園児の父兄である私に白羽の矢が当てられたのでした。

私と言えばそんな大勢の前で話すなんて怖くて仕方ありませんでしたが、お母さんたちの為に一肌脱がなくては!と意を決してお引き受けしました。

終わってからは、こんな私の体験がお母さん達も身近に感じたのか、感動してやる気を起こしてくれる1つのきっかけになったようで、私としてもやったかいがあったと何か達成感のような気持になりました。

ここの幼稚園は神奈川の綾西幼稚園といいますが、気になる方はHPを覗いてみるといいですよ。のびのびとした子供にするというポリシーを持っていますので、価値観が合う方にはとてもお勧めです。

夏の卒園児のキャンプでは何と30年のお付き合いの生徒さんもいるそうです!

そして園長が子供の名前をほとんど覚えていているのにはいつも驚愕してしまいます。

すぐに帰るつもりが長く話し込んでしまいました。でも園長が子どもの話をするときの幸せそうな顔を見て私もちょっぴり嬉しくなりました

またここにも繋がっているものがあり、人生の不思議な縁を感じた日となったのでした。

絵本を出版して以来、そうした繋がりを感じるたびに、今までのいい事も嫌な事も含めて今に至っているのだと、謙虚な気持ちになる今日この頃です。  (完)

|

« 幼稚園へ行ってきました | トップページ | 「おもいでにかわるまで」公開 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

パチパチ!!!(拍手)
素敵なお話でした!
講演会の経験もあるのですね!
人前で話すのは苦手な私です。
緊張しまくってしまいます。

人との繋がり
いつも大切にしたいですよね!

投稿: すず | 2008年3月 8日 (土) 20時48分

すずちゃんへ
講演会はこのブログを初めてすぐ位に書いたよ。
この話の後に役員のお母さんに紹介されました(強制的)
講演してと言われましたが「勘弁してください」と言ってしまいました・・・本当はそんなではダメなんだろうけど、前回のトラウマ?がね
キンチョ―して、貧血になりそうでした(マジ)
ライトが眩しくて眩しくてお母さんたちの顔なんて全然見えないしね正直私には合わないというか膝がガクガクでした~

投稿: みほ | 2008年3月 8日 (土) 21時45分

すごい!講演会をやったんだ!
ちょっとそのときの様子を見たかったな。
講演会後もお母さんたちが感動してやる気を起こしたなんて・・。いいね。人を感動させるなんてとっても難しいと思うから。
すごい、がんばったね。次、いけるね。

vientoも10日月曜日、地元情報誌の取材を受けることになりました。(昨日、取材以来の電話があって)タイトルは、「子供と一緒に訪れるお店」紹介だそう。ハセガワモータースにviento,そして絵本を紹介するぞ~!エイエイお~!また写真も撮られるぞ~!エイエイオー!

投稿: viento skip | 2008年3月 9日 (日) 00時25分

下の子も去年卒園したんだけど、上の子の学校に行くと幼稚園がとっても平和に思った
幼稚園は通園バスだったんだけど、親子で写した身分証をかけての引渡しが徹底してたよ。間違いなく親! だとバスから降ろしてくれるけど、おばあちゃんだったり、知人だったりしたら身分証と園から渡されている紙に保護者サインがないと、引き渡してくれない。園の入り口に警備室(電話BOX位の大きさ)に、だれかいるの。園長先生が座ってる時もあった
園長先生ってどなたもとても人情味厚い方だと思うの
子供好きな方はとても温厚でやさしい。と言うのが私の経験

投稿: アリス | 2008年3月 9日 (日) 01時05分

しー子、200人もいたら、怖いよ!300人のミニホールだったけど、声はふるうし、原稿の棒読み
挙句の果ては、こわばった顔で笑ってごまかし・・・恐怖のトラウマ。中学の選挙演説以来でした
vientoが地域情報誌に凄いじゃない!よかったね!絵本まで紹介してくれるの?イヤィホ~ありがと~

しー子今日しらすカレーパン手配したからね

投稿: TOMY | 2008年3月 9日 (日) 01時35分

アリスへ
そうだね、幼稚園は何のしがらみもないわけだからいいよね。
学校に入ると勉強も気になるからね☆

まあ、園長はいろいろと出来る”何でも屋”でも、あるんですよね

投稿: みほ | 2008年3月 9日 (日) 02時06分

みほちゃんの講演会行って見たかったな~。
一番前の席でこんな顔したりこんな顔して緊張をほぐしてあげたのに・・・残念。

今、子供達が置かれている環境を思うと気がめいってくるよね。
その昔は小学生の後を着いて幼稚園児やもっと小さな子が一緒に遊んでいました。
小さな子をいたわる気持ちも自然に育っていたように思うんだけど・・・・
大人が設定しないと子供同士の遊びが始まらない時代になっちゃったね。

投稿: ピノコ | 2008年3月 9日 (日) 10時14分

ピノコっち~そんな顔しても緊張の為に何も見えませんわ!そうすると1人でやってて、周りの人が「あんた、だれ?」「あ・・・」「へ!?」な~んてことになりますよ~

子供同士で安心して遊ぶ機会が 減ったよね・・・子供も可哀そうだし、親も神経を使っているから、完全にストレス社会の悪循環ですよ!
我々の子供時代が懐かしいですね。

投稿: みほ | 2008年3月 9日 (日) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幼稚園へ行ってきました②:

» うたのお姉さん [うたのお姉さん]
うたのお姉さん [続きを読む]

受信: 2008年3月 8日 (土) 18時58分

« 幼稚園へ行ってきました | トップページ | 「おもいでにかわるまで」公開 »