« 編集作業 | トップページ | 人それぞれの自己表現 »

2008年6月28日 (土)

世の中の歯車

最近は、食の安全が崩壊しつつありますね。

肉やウナギの偽装事件が後を絶たないですが、これが氷山の一角だとしたら、今後どうなるのでしょうね。

1番安心なのは自給自足ですが、こうなったらベジタリアンになってしまうというのもいいかもしれません。

しかし人間社会の間で信用がなくなってしまえば、全てに対しても影響はありそうです。

そのためにも信頼回復はとても重要なのです。

1度いい加減な行為がすんなり通ると「いいじゃないか、このくらいなら・・・」という甘えた感情が芽生え、だんだんとエスカレートしていくのかもしれません。

それを押しとどめるのが人間の理性であり、良心でしょう。

人間の心の中には常に善と悪が潜んでいて、どちらかが全く無い人はいないと思います。

それをコントロールするのが今難しくしくなっているのかもしれません。

自分本位な人はもちろんのこと、人間性の向上心が欠けてしまっている大人が多いのかもしれない・・・

大人がこんなお手本を示しているようでは、子供が不幸になりますね。

だんだんと信じていいものが少なくなり、用心深さが目立つ今日この頃、どうやって今後修正をしていくのか、見守ることになりそうです。

人の上に立つ人は、税金を使いまくる以外にもっと真剣になって将来の為に働いてほしいと思います。

お金に固執する大人はとても醜い・・・そろそろ、心の時代に突入してもいいのではないか?

これは、今は忘れられた日本人の長所でもあったはず。品格を持つことは人間としてかなり大きな意味があるのだと思う。子供の良いお手本として、これ以上品位を下げないようにお願いしたい。

それは隠すのではなく、無くすことが肝心です。

各個人がすでにそう気づき始めているのも事実ですが、やはり上に立つ人の権限は大きい。その人たちの考えが変わらない限り、何も変わっていかないので・・・

救いの主は現れるのか?

何か歯車がかみ合わない世の中になってしまったものです。

P1000819

|
|

« 編集作業 | トップページ | 人それぞれの自己表現 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450172/21941306

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中の歯車:

« 編集作業 | トップページ | 人それぞれの自己表現 »