« 暑中お見舞い | トップページ | 「国際いも年」 »

2008年7月25日 (金)

地区集会+先生

行ってきました。

2地域が入って先生4名とPTA本部の方がいらしてました。

学年によって、それぞれがテーブルに固まってのディスカッション!

内容は夏休みの過ごし方です。

そうは言っても、各家庭でいろいろと決まりごとも違うでしょうし、外出時と門限のようなものが主でした。

今回はそれ以外の、子供の学校での問題が浮き彫りに出てきた集会でもありました。

授業中のお喋り、窓ガラスの件、先生に対する暴言など・・・

思っていたよりも酷かったようです。

学校側からは、父兄の方に授業風景を見てほしいということで、何人かのお母さんが見に行かれていたようです。

その事についても話は出ましたが、ただ見に行くだけでは何も変わらないのではないかと思いました。

これは家庭で話をするのと、学校で話をするのという基本を両方からしないといけないのではないかと思うのですが、今どうするかということでは、あまり言うことは出来ません。

私からは、取りあえず、「我慢」をしない子が多いように思うので、家庭では、それを教えて行くこと!

そして親も「我慢できない大人」が多いので、自分達親も一緒に成長する事!という意見をあげてきました。

あと、先生には「頭ごなしではなく、どうしてこうなるといけないかという理由を説明してほしい。そうでないと子供には何も伝わらないと思います。」とお願いしました。

何だか、当たり前の事過ぎて、こんなことをあえて言わなければならない状況に、少し唖然としてしまったというのが、私の本音です。

学校と家庭が手を取り合って・・・解ります。でもみんなが分かっていない部分。先生という立場の人の不正や破廉恥な行為をニュースで見て、もう尊敬できない気持があるということも1つの要因になっている、ということ。

今日も、ある学校の校長が修学旅行の積立金を着服しているという事件があったことを知りました。しかも1つではなく・・・何処にでもあるのだということ。

まさか、教育の場でこんなことが起ころうとは!という実態。

毎日こんなニュースが流れていれば、子供が先生または学校に対して不信感を持っても当たり前。子供はバカじゃないんです。

子供だけの問題ではないということです。確かにその子供の行為は悪いけれど、デリケートな時期の子供が自分でも分からずに何か反発してみたくなるのではないかとちらりと頭をよぎります。

今までに純粋な心を持った子が汚い大人社会を感じた時に、受ける衝撃ややるせなさをどうしていいかわからない・・・純粋すぎる故に行きすぎてしまうということも考えられる。

普段の家庭での話し合いが本当に大切だと思います。

人に流されない信念を持たせるように、また親を尊敬できる子供にする。

目上への態度と言葉づかいなども、きちんと教えなければならない。

学校と家庭・・・親としての自信を持つには家庭で信頼のきずなを深めることがまず最初になくてはいけないと思います。

そこから、態度や言葉遣いが自然ときちんと出来るのではないかとも思います。

家庭もそれぞれ決まり事等違うと思いますが、人に迷惑をかけない!ということもぜひ教えて欲しいですね。

「人の気持ちを考えられない」=「先の事を見通せない人」にはなっては欲しくないので。

|
|

« 暑中お見舞い | トップページ | 「国際いも年」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450172/22526689

この記事へのトラックバック一覧です: 地区集会+先生:

« 暑中お見舞い | トップページ | 「国際いも年」 »