« ミル、天国へ行く | トップページ | 暑中お見舞い »

2008年7月18日 (金)

思春期・・・心の葛藤

今日で、高校の1学期が終わり、中学の前期もお休みに。

いよいよ明日から夏休みに入り、私の仕事も増える?のでしょうか・・・shock

以前記事に書いた中学での問題は、先日ありました個人面談の時に詳しく先生から聞きました。

このことはアメーバの記事で書いています → 

この日に偶然、中学生のバスハイジャック事件が起き、同じ中学生ということで何ともイヤ~な感じがしました。

彼は利発な子のようで、いい方へ行けば立派な人になる気にさえ思わせるのですが、悪い方へ転べば今回のように180度人生が変わってしまうもの・・・

親に恥を搔かせたかったという理由や男女交際のこと、親に死ねと言われたなど、積もり積もった感情が爆発したのかもしれません。

今、同じ時期の子供を持つ親として人事ではなく考えさせられます。

感情がコントロールし辛い年頃ですが、、関係ない人を恐怖に陥れるということは人間として絶対にしてなならないこと、普通なら誰でも分かっているはずなのに、親の代わりにそちらへ向いてしまうことが腑に落ちませんね。

これだけ騒がれることは想像出来ないはずはないのに、もう死んでしまいたいという気持ちがどこかにあったのでしょうか?

若い時に「死」について考えることは誰でもあると思いますが、それを押しとどめるものとは何でしょうか・・・?

私の時代ではそれは宗教であり、友達、ペット、いろいろあるかと思いますが、中でも道徳心を持つことの重要性が大切であったと思います。

今ゆとり教育になって余分なものを排除してしまい、その中にあった道徳の時間も削り取られました。

しかし、今こうして見つめ直してみると、その時間がいかに大切かを物語っているかのようにも思えます。

確かに家庭内で話をすれば済むことではありますが、今は核家族、共働きが当たり前で、そんな話をするゆとりが設けられているかもどうかわからないのです。

しかし、その子供がこの様な事件を起こしたり、社会人になってついて行けない弱い心のままでは行く先は不安です。

私達親が家庭でどれだけ子どもとコミュ二ケ-ションを取っているか、理解しあえているかで人間形成も変わりそうです。

学校はあくまで集団生活を学ぶ場であり、個人の信念のもとは家庭で養うのが理想かもしれません。

個人があってこそ集団に入っていけるので・・・

どちらも欠けてはいけないのですが、今の教育委員会(大分の事件)を見ていると、胸が悪くなりますね。

荒んだ大人社会・・・政治だけではなく、教育者までもがモラルのない行いを堂々としている。

子供達は何を信じていいのか戸惑っているのかもしれない・・・

『我慢をする』・・・子どもには教えなくてはいけませんね。しかし、この我慢もするべき時としてはいけない時があり、そこの微妙なバランスをうまくすり抜けて行くことは大人でも容易ではないのです。

全てをひっくるめて、ものを見る道徳感、直観力、行動力など総合的なものが必要です。

そして謙虚さも忘れてはいけない点だと思います。

独りよがりな考え程おかしなことを引き起こしますね。

今回のこの少年も、自分中心にしか物事を考えていないように思えます。

若いからと片づけられない問題になる前に、私達大人ももっと子供たちに真剣に接しなければならない。

今大人達は気が付き始めていると思います。

私も子供たちへ絵本という形でメッセージを送っているつもりですが、どれだけの人に伝わるのかわかりません。

見た目を良くすることだけではなく、心を育てる方へ向っていくことにもっと力を注ぐことをお願いしたい気持ちです。

|
|

« ミル、天国へ行く | トップページ | 暑中お見舞い »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

個性や自主性を尊重する事はよい事なのでしょうが、社会的な訓練が出来ていない子どものわがままを個性だと取り違えてはいけないと思います。
個性は伸ばすもの、そして社会性は教え育てるもの。自由を主張するなら義務を果たさなければね。

投稿: ピノコ | 2008年7月19日 (土) 09時14分

【子どもは大人の映し鏡】と言う言葉もあります。
たいていの大人は私も含め
見栄っ張りで、押し付けがましく、いい格好しいです。
最近、増えたのは子どもを自分の所有人だと勘違いしてる親。
子どもたちは大人の言動を冷静に見ていて
大人の狡さ・汚さを判断、認識しているのです。
まずは大人が襟を正して正直に生きてる姿勢を見せなければいけないのかもしれません。

投稿: ちえこ | 2008年7月19日 (土) 10時28分

yachtピノコちゃん
子供のせいだけでもなく、大人のせいだけでもない。
教える方も教わる方も何かかみ合わない世の中ですね。
中でもお手本はとても大事なのだと思います。

大人は、子供にまず尊敬される立場でありたいですね。
そこからがスタートなのだと思うのでflair

投稿: みほ | 2008年7月20日 (日) 10時04分

yachtちえちゃん
>【子どもは大人の映し鏡】と言う言葉もあります

まったくその通りだと思います。
子供はちゃんと見抜いているのだと思います。
大人の方が気を引き締めていなければ、子供は悪いと思っていても真似するものでしょうね。
反面教師と言うものは結果であって、本来はやはり良いお手本が教師になるべきでしょう。

世の中を難しくしているのは大人で、実は単純な事なのかもしれません。

大きな組織で考えて行く事はなかなかまとまらないので家庭で学ぶことは大切なのでしょう。
基本的な事だけは個人が責任を持たなければなりません。そうなると親の立場の責任大きさを感じますhouseshine

投稿: みほ | 2008年7月20日 (日) 10時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450172/22377548

この記事へのトラックバック一覧です: 思春期・・・心の葛藤:

» 生徒が何で納得していないかに気づくということ [個別指導]
中学3年生に理科を教えていた時のことです。電流の分野で計算がわからないとのことでした。見てみると、やはり計算自体は出来ないわけでもない。オームの法則を知らないわけでもない。では、何がわからないのか?...... [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 10時07分

« ミル、天国へ行く | トップページ | 暑中お見舞い »