« 忘れようにも忘れられない・・・ | トップページ | 学校と家庭Ⅱ »

2009年1月 9日 (金)

学校と家庭

昨年は中学校では問題のある年でした。

学年全体が影響しているという事で、学校からは緊急保護者会があったり、親が学校へ訪問できる機会を多く設けたりして学校と家庭の関係を改善するという事が1番の課題でした。

夏休み前に初めてその問題に触れた時はあまり大げさには捉えていなかったのですが、一部の生徒から学校の風紀が乱れていたようです。

夏休み中にかなり生徒が落ち着いてきたという事でしたが、しばらくするとまた乱れてしまったという事で学校で先生方がかなり困っていたらしい。

学校からは私達保護者に学校に来て授業風景を見てほしいと言われますが、その時はおとなしくなるのであまりピンとは来ない。

授業中の私語はどこでもありますが、歩きまわったりは普通ではない。これはあまりにも幼い行為であり、他の生徒にも関わってくるからです。

今の子は口が達者なので先生がいい負かされる。

携帯やヘッドフォンなどは禁止でも平気で持ってくる。

灯油をぶちまけたという事も・・・危険です。

細かい事を言えばきりがないのですが、そういう幼稚な事が日常茶飯事で先生も疲れてしまっている。

授業の中断でなかなか進まないという問題も出てきます。

でも話を聞く限りでは先生ももう少し強くないといけないのではないかと思うのは私がそういう時代に育ったからなのか?

確かに今はモンスターペアレンツの様な事もあるし、学校も強く出られないことも多いので学校が遠慮している部分もある。

こういう状況は全国どこにでもある問題だとは思う。

ただ私が思うに今家庭で友達同士のような親子が多い中、尊敬という言葉を家庭できちんと教えているのだろうか?

目上の人を敬う気持ちがきちんと子供に理解されているのだろうか?

一体どこで子供はそれを理解するのか・・・

昔なら道徳という時間が授業の中にあり家庭と学校両方で考えていた。

それが理想なんでしょうが、今は学校も土日休みで授業時間が縮小されたり間違ったゆとり教育で頭でっかちの子供が多くなったのかもしれない。

どちらにしても家庭内だけでもしっかりしないと手遅れになることもあるのかもしれない。

小学生できちんとした基本的な道徳心や責任、思いやりなどを教えておかないと中学生くらいになって悪いところを直すのは難しい。

(つづく)

|
|

« 忘れようにも忘れられない・・・ | トップページ | 学校と家庭Ⅱ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450172/26968886

この記事へのトラックバック一覧です: 学校と家庭:

« 忘れようにも忘れられない・・・ | トップページ | 学校と家庭Ⅱ »