« 間一髪! | トップページ | ケーキとミニガーデン »

2009年3月18日 (水)

みんななかよし

Cimg1608

ひっそりと咲いた白花クリスマスローズ

ピンクの中に突然覗かせた色白顔に驚きました

「みんななかよし」  

昔々白い花であった子がピンクの花の子と出会い恋をしました。

子供はすべてピンクです。

でも時々白い花の子が生まれることがあるのです。

その姿は凛として清楚で美しい。

でも周りからは仲間外れです。

花は悲しくなって泣きました。

するとどこかから飛んできたミツバチがいいました。

「なんて美しいんだ!ぼくは毎日君を見に来るよ」

ハチはそれから毎日やってきて白い花とお友達になりました。

花はもうさびしくなんてなくなり、いつも笑うようになりました。

それを見ていたピンクの子達は自分たちの事を恥じて謝りました。

「本当はあなたが綺麗で羨ましかったの、ごめんなさい」

「ありがとう、私はみんなとは色が違うけれど、同じクリスマスローズの子なんですって」

それはミツバチが教えてくれたのです。

遠い遠いところに白いクリスマスローズばかりが咲く場所があります。

そこでは白い子たちが当たり前なのです。

「だから何も悲しい事なんてないんだよ」

もの知りのミツバチのおかげでこのクリスマスローズ達は仲の良いお友達になれました。

「みつばちさん、ありがとう。美味しい蜜をたんと召し上がれ」

春の風が暖かくてとても気持ちのいい1日でした。

( ストーリー/  こいでみほ )

|
|

« 間一髪! | トップページ | ケーキとミニガーデン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

絵本」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450172/28667348

この記事へのトラックバック一覧です: みんななかよし:

« 間一髪! | トップページ | ケーキとミニガーデン »