« 未来 | トップページ | 「夢は想いから」 »

2009年4月15日 (水)

学級通信

息子の中学では新しく赴任されてきた先生が担任で学級通信には先生からのメッセ-ジが入っていました。

―― 担任の願い ――

笑顔で挨拶を交わし

小さなことにも喜び

嘘を言わず

悪口も言わず

全ての事に感謝し

クラスの和を考え

1日1日の気持ちを

皆がみんな

3月まで持ち続けていたら

素晴らしいクラスになる

昨年の学年問題が大きかっただけに今の3年のクラスに対する期待は大きいです。

みんなが無事にこれからの1年を乗り越えて高校生活を送れるようにお互い協力し合える仲間であって欲しいと思います。

先生は悩みや頭に来た事があればこの詩を読んで欲しいと書いています

子供から手渡されたこのプリント、ちゃんと読んでいるかどうか、今度また息子に聞いてみたいと思っています。

思い通りに行かないことに腹を立てて責任転換する子が多いと昨年聞いていましたがそれは大人でも最近は多いと思っています。

どうも自分中心に甘くなってしまっているようで完璧には難しいかもしれませんが、出来るだけ自分で責任の自覚を持てる人になって欲しいと願います。

成人までには責任という言葉の意味をきちんと理解していってほしい。

部活の方も先生が変わり、子供にとってどう影響があるかまだ分かりませんが、新鮮に映ってくれるといいのですが・・・

最初の試合の相手校が何と前の顧問の先生のいる学校だと聞いていますので、奇遇な再会というところです。本人たちは試合し辛いでしょうが、どちらが勝ってもその先生には嬉しいでしょうね(*^ω^*)ノ

|
|

« 未来 | トップページ | 「夢は想いから」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事