« 生きている木 | トップページ | 新型インフルエンザ »

2009年5月14日 (木)

小説「もう一人の自分」

けんあうるさんの著書 「もう一人の自分」 を読みました。

北海道を舞台に働くひとりの男性バイヤーが主人公のお話ですが、いかにも北海道らしい内容になっています。

しかしその話の真髄はどんな人にも当てはまるもので、落とし穴のようなものがあると言う警告、そして自分を取り戻そうとする主人公に自分を重ねることでしょう。

人が人生を歩んでいく中で何を優先し、何を目標とするのかなど、自分の心のうちの中を覗いてみたくなる本です。

最後の方では少しけんさんの性格が出てるかな?というユーモアもちょっぴり感じられます。

そして中に出てくる曲はある年代を思わせました・・・

読んでみたい方はこちらのgoodbookショッピングカートまでご注文してください。

   ↓

goodbook注文受付

|
|

« 生きている木 | トップページ | 新型インフルエンザ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事