カテゴリー「ペット」の記事

2011年4月 1日 (金)

みんなどこかでつながっているんだね

Photo

いきているかぎり

どんなときも

みんなどこかで

つながっているんだね

Photo_2

そらも うみも

ほしも つきも

ひとつのちきゅうで

つながっているんだね

遠くの国も 人も 気持ちだけは お互いをすぐに駆け抜けていける

自然は美しく雄大で、時に厳しくて怖い存在

でも私達は共存している

海を憎む人も 空を憎む人もいない

いつの世も 心のどこかで 愛しく思っている

人も自然もとてもよく似ている

良い面と悪い面、どちらも持っている

当たり前の事なんだと思う

それとどう付き合っていくか・・・

人も 国も 自然も 

きっと 同じ空間を共有する似た者同士

by miho

| | トラックバック (0)
|

2011年3月21日 (月)

東北関東大震災被災地のペット達

Photo

東北関東大震災における被災地で離れ離れになったペット達、またはやむなく飼えなくて預けられた子達がいます。

お探しの方はこちらを参考に連絡をとってみてください。

宮城県動物愛護センター   022-358-7888  宮城県黒川郡富谷町明石字下向田69-4
仙南保健所          0224-53-3119
塩釜保健所          (水没により閉鎖)
塩釜保健所岩沼支所    0223-22-2188
塩釜保健所黒川支所    022-358-1111
大崎保健所          0229-87-8001
栗原保健所          0228-22-2115
登米保健所          0220-22-6120
石巻保健所          (1階部分が倒壊により閉鎖)        
気仙沼保健所         0226-22-6615

| | トラックバック (0)
|

2011年1月 1日 (土)

新年明けましておめでとうございます★2011年★卯

2011_2

「 うさぎのダンス 」

くろいうさぎとしろいうさぎがいました。

ふたりは遠くからお互いに見つめるだけで、ずっと様子をうかがっていました。

しろいうさぎは女の子うさぎ、怖がりで臆病だったのでくろいうさぎの事を悪魔のようだと思いました。

しろいうさぎは時々怖い夢を見て追いかけられました。

くろいうさぎが走る姿がそれにそっくりだったのです。

くろいうさぎの方はやんちゃな男の子です。

くろいうさぎの兄弟はみんな黒色だったので、しろいうさぎを珍しいと思っていました。

なんとかして近づきたくて気を引く為に走ったり踊ったりしていました。

しかし白うさぎはいつも遠くからじっと見ているだけで近寄って来てはくれません。

そんな事が何日も続くと白うさぎは安心したのかくろいうさぎの事が怖くなくなりました。

それどころかおどけた様子が面白く、いつの間にかだんだん近づいていました。

もっと近くで見るとくろいうさぎはとても素敵に見えました。

くろいうさぎはしろいうさぎの赤い目を可愛いと思いました。

いつの間にかふたりは手が届くくらい近づく事が出来るようになりました。

くろいうさぎはしろいうさぎの前でダンスをすると紳士のように一緒に踊りませんかとしろいうさぎを誘いました。

しろいうさぎは頬を染めてそっと前に出ました。

くろいうさぎが踊るのを真似ておずおずと踊ってみたのです。

ダンスを始めると楽しくて止まらなくなりました。

ふたりは暫く踊り続けるとすっかり仲良しになれました。

こんなに楽しかったことはふたりにとって初めてだったのでまた明日も踊る約束をしました。

いつの間にかふたりのうさぎは恋人同士になっていました。

くろいうさぎはしろいうさぎを一生大切にしました。

子供もたくさん生まれてみんな巣立っても しろいうさぎの事を守るのは自分の役目だと思いました。

ふたりはとても愛し合っていたのです。

それでも寿命という命の時間は限られていたのです。

しろいうさぎはだんだん衰弱していきました。

くろいうさぎが出来ることはありませんでした。

ある日しろいうさぎが言いました。

「 ダンスをありがとう、そしていつも愛していると言ってくれてありがとう。 私は安心してその言葉を胸に旅立てます 」

 

しろいうさぎはそういうと赤い目を閉じて静かに眠りにつきました。

くろいうさぎは悲しくて寂しくておいおい泣きました。 

自分が半分引きちぎられてしまったように心もとなくなりました。

ずっとふたりだったのがひとりぼっちになりました。

くろいうさぎはそれでも生き続けました。

しろいうさぎが言った最後の言葉に救われたから、しろいうさぎの分も精一杯生きてあげようと思ったのです。

あいしているよと言ってあげて良かった、そう言ってあげていなかったら今頃後悔して悔やんでいただろうと思いました。

それから何日も過ぎ、何カ月、それとももう1年が経った頃でしょうか・・・

くろいうさぎは自分がもうすぐ旅立つ日が近いことを知っていました。

時々夢の中でしろいうさぎが現れて すぐそばでほほ笑んでいました。

そして何回目かに しろいうさぎがくろいうさぎに手を差し出して言いました。

「 これからはまたあなたと踊ることが出来るわ、さあ私と一緒に行きましょう 」

くろいうさぎはほっと吐息をつきました。

しろいうさぎが自分の事を長い間待っていてくれたのを知ったのです。

ふたりはいつかのようにダンスを始めました。

とても楽しかった思い出がよみがえり、それは姿が見えなくなるまで続けられました。

くろいうさぎとしろいうさぎ、これからはずっと永遠に一緒です。

(おしまい)

イラスト・おはなし / こいでみほ

新しい年2011年に福がきますようにbudheart02

| | トラックバック (0)
|

2010年7月23日 (金)

ペットの依頼イラスト完成

まずは、こちらからart

ルーファス・リン・ギャラリー /Rufus Lin Gallery of Japanese Art

「あのそらに向かって」の作品展示期間が決まりました

作品は無事カナダまで到着し、今日連絡をいただきましたairplane

7月26日9月17日までの8週間になります

展示風景の写真を後程送ってくださるそうですので、またその時は記事UPします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お世話になっている歯医者様よりお亡くなりのワンちゃんのメモリアルとして、イラストの依頼がありました

お墓の代わりに1枚の絵にしたいとのことで、海をバックに走っている姿というご要望でした

目がくりっとした大きなワンちゃんです

太陽の陽をあびて元気いっぱいの生前を思い浮かべながら描きあげました

死してなお心に残るのは明るく楽しい思い出・・・

仕事場でふと目をあげた時に和める、そんな1枚になっているでしょうか

このほど完成して今日お渡ししてきました

Chibi

先生御夫婦には気に入っていただけましたhappy01

診察室に飾られるそうですので今度行った時にどんなふうに見えるか楽しみですnote

・・・といっても今月行ったばかりなのでまだ健診はかなり先ですけれどねclover

帰りに桃を山ほどいただきまして恐縮です

愛はずっと死なずに心に残るものですが、どんなに愛した人でもはっきりとは顔が思い出せなくなるものだそうです

写真や絵はそれを補ってくれるものでもありますね

私の亡くしたウサギも火葬車にきていただきましたが、サービスで作ってもらえるガラスの写真立てに良い写真がなくて残念に思った事があります

絵にすることでその問題が解決できることもあるのだと今は思います

いろんな形で人は思い出を残そうとするものなのでしょう

そのお手伝いが出来て、私もちょっと嬉しい日となったのでした

| | トラックバック (0)
|

2010年7月13日 (火)

ペットの絵の依頼がありました

よく個展に来て下さる歯医者さんから亡くなられたワンちゃんの水彩画を頼まれました

今日、ワンちゃんの写真を受け取りがてら受診に行ってきます

大切に育てられていたのでしょう。 

お墓を作るよりも絵にして供養されたいとのことで、ペットに対しての真剣な思いが伝わってきました

診察室に飾られるそうです、記念に残る素晴らしい絵が描けるように私も努力したいと思います

出来あがりましたら、またここに載せたいと思います

| | トラックバック (0)
|

2010年6月 9日 (水)

絵本「おもいでにかわるまで」残り5冊

今日の午後、作品の搬入に行ってきます

今回は合同詩集「夢は想いから」の挿絵と表紙の原画を中心に、水彩画・色鉛筆がもあわせて展示いたします

詩集の本やポストカードも販売もさせていただきます

tulip6月10(木)~21日(火) 11:00~18:00(最終日16時)

第6回 こいでみほ原画展

カフェギャラリ―木の実 にて

tulipお知らせ

私の処女作である絵本「おもいでにかわるまで」残り在庫5冊は今回の個展で販売終了となります

おもいでにかわるまで」をご愛読いただきました皆様ありがとうございました

前回の個展でお買い上げ出来なかった方は、この機会にぜひお買い求めくださいませ

Toppage ¥1、260-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)
|

2010年5月15日 (土)

マイガーデン

庭では育てた花達が次々に咲いています

アルバムのストックから――

Cimg4976

Cimg4978 Cimg4969 Cimg4986 Cimg4956

| | トラックバック (0)
|

2010年1月 4日 (月)

Vientoさん1/5新築移転オープンです♪

私のお友達で輸入雑貨のお店Vientoさんがご主人の長谷川モータースさんと一緒に近くの広いスペースへ移転されます

1月5日(火)10時OPENですbell

とてもお洒落な空間に変わりますshine

1001_viento_cafe1

いろんな特典福袋など情報が知りたい方はこちらを覗いてみてください

       

Viento&長谷川モータース

Vientoさんとはnote

雑貨+カプチーノのお店(カフェ)+DOG GARDEN CAFE

モーニングサービス(10~11時)飲み物を注文するとモーニングプレートがサービスで付きます♪

オーナー自慢の手作りのシフォンケーキが食べられます

輸入雑貨は作家さんのものを含め、季節の行事に合わせて細かい気配りがされていますのでアドバイスなど気軽に相談できます

私の絵本やポストカードもあります

※ドッグランは春から徐々に開始です

看板犬スキップ君とも会えるかもheart02

是非1度お店を覗いてみてくださいね

昨年からの不況で今年の初詣は活気が少ないようですが、そういう時こそ身近なものに癒しを求めるのかもしれませんね。

雑貨店も今は経営が難しいですが、こうしてVientoさんのように頑張っているお店もあります。

どこが違うのか・・・?

気配り、親切、お客様目線であることなどが今の世の中必要なのかもしれません。

ロボットではなく人が接するということ・・・心からの気持ちが通じるかどうかなのかもしれません

| | トラックバック (0)
|

2009年12月20日 (日)

盲導犬カレンダー2010

Cimg3832_2

ここのところめっきり冬らしくなり空気が澄み渡っているので富士山の雪景色が美しく見える今日この頃です。

冬のお天気のいい日は風がなければ部屋よりも外の陽射しが温かく感じます。

昨日は盲導犬連合会からカレンダーが送られてきました 。

Cimg3938

個展の時に集まった募金を皆さんに変わって寄付させていただきましたが、このカレンダーの代金はどこから出ているのかと心配になります。

もちろんいただいて嬉しいのですが、郵送代含め沢山の方に配られていることを思うと複雑です。しかしこうして形にすることで人の目に触れる機会が設けられる宣伝の意味もあるのだと思います。ただ集めるということはとても難しいものです。やはりいくらか負担も効果があるということだと思います。

中には盲導犬の写真と全国の盲導犬協会の名前などが紹介されています。病院などでこれを見て新たに協力される方もいらっしゃるでしょう。

こういった募金がきちんと盲導犬の育成に役立ててくださることを願います。

Cimg0468

Cimg3896

Cimg0472_3   

Cimg3535

人と動物のお互いの助け合いはそこにちゃんと存在していますね。

不況の中の募金は貴重です。どちらも幸せになる権利がありますが人間の目となり働いてくれている盲導犬、素晴らしい子たちがこれからも生まれ育てられていきます。そして最後まで看取ってあげるまでが人としての役割です。

by miho

| | トラックバック (0)
|

2009年10月13日 (火)

絵本と動物の絵・・・藤沢市民会館にて

「動物フェスティバル神奈川2009inふじさわ」に参加

Cimg3425_6

 

絵本のパネルと動物のポストカードをパネルにして展示

催し案内には載せていなかったにも関わらず、少人数ですが読み聞かせもしました。

最後にクイズもしましたが、ちゃんとお話を聴いていてくれたので正解を答えてもらえました。塗り絵とポストカードを1枚ずつ差し上げました。

お急ぎではないということで「おもいでにかわるまで」の方も読ませていただき大変喜ばれ私も嬉しかったです。

絵本を通して動物がいつもどんなふうに感じて何を言いたいか・・・それを伝えられたらといいと思います。

動物フェスタということで様々な生き物に関する展示がおこなわれたり、盲導犬や訓練犬のデモンストレーションが行われて里親募集などもありました。

盲導犬募金にはささやかながらここでも少し寄付させていただきました。

ここ藤沢市民会館では毎年「動物愛護のつどい」が開かれていますが、今回は神奈川県として開かれたようです。

動物を飼う前の心構えや健康相談などもあるようですのでまだ行かれたことのない方は1度足を運んでみることをお勧めします。

| | トラックバック (1)
|