カテゴリー「旅行・地域」の記事

2012年11月13日 (火)

豆本と原画

茅ヶ崎ギャラリ―木の実さんでの童画展は昨日で無事終了いたしました。

昨年より作り始めました、豆本が思いの他好評で、皆様に楽しいひと時をお届け出来、楽しんでいただけました。

初めて見る方、またブログで見てわざわざここまで脚を運んでいただけた方、両方にご満足いただけた様で、作者としては嬉しい限りです。ありがとうございました。

原画はパステル色鉛筆、水彩色鉛筆、アクリル絵の具、水彩絵の具等、公募展入選作品と共に豆本原画を中心に展示いたしました。

今回はご来店の方からの生の声をたくさん聞くことが出来、励まされた思いです。

豆本に対しては皆さんの「驚きと微笑み」をいただき、イラストに対しては「可愛い」や「優しい絵から癒されました」との感想が1番多かったです。

木の実さんでは毎年1度の展示が続いていますが、来年は出来る時期がもういっぱいで、予約がとれませんでした。

次回の木の実さん展示は、再来年に考えています。

その間に、「またこいでみほの展示作品を見たい!」 と思えるような作品作りに励みたいと思います。

また、来年からネットショップの方へ作品を掲載出来るように徐々に準備していきますので、出来あがり次第、在庫の分はお買い上げできるようにしたいと思います。

そちらの方も今後ともよろしくお願い致します。

こいでみほ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月 1日 (木)

第8回 童画展―豆本と原画―

11月1日(木)~12日(火)

茅ヶ崎 カフェギャラリ―木の実さんにて展示販売します。

今回は、豆えほん「ぐるりんぱっ」の原画を中心に、他の原画を合わせて展示いたします。

新作の小説「憂鬱を吹っ飛ばせ」や「伝説の猫」、ポエム「おしゃべrなハート」など、今年は精力的に豆本作りに力を入れました。

小説は長文なだけに、校正がかなり大変な作業となり、また製本でも頭を悩ますことも多かったです。

昨年発行した絵本も文字の改良やコスト面での仕様改良などを施しました。

ストーリーの発案から始まって、豆本という形にするまでを一人でこなすのは大変ではありますが、普通の出版本とは違い制約というものがないので、自由な発想のもと作ることが魅力と言えます。

絵本は勿論ですが、私の他の豆本にも必ずイラストを入れていますが、イラストと文章の両方を上手くMIXしてあるのが私の豆本の形と言えます。

ひとつの作品を作り出す作業を全て手作りですることは、本というよりはアートの範囲になり、ひとつひとつに思いを込めています。


P1010005_2


 詩集 「おしゃべりなハート」

 1番新しい豆本は、出来たてのほやほや詩集です。 挿絵入り。可愛い豆本です。


Photo_6

 小説 「伝説の猫」
 

読みやすく字を改良してあります。
Photo_4


 花言葉30

 花言葉は豆本フェスタで売れ切れたのでまた作りました^^

| | トラックバック (0)
|

2011年10月25日 (火)

藤沢ギャラリ―展示

11月1日(火)~15日(火) ギャラリ―和真 にて

 私、こいでみほの 「 読む童画展 」 を開催

出版物、手作り豆絵本の挿絵を中心に展示いたしますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

御所見地区のゆるキャラ、「うえきちくん」の原画もプリントアウトして紹介いたします。

藤沢駅南へ出てすぐのビル3階、エレベーターで上がってすぐ。

ギャラリ―和真   

               地図 

| | トラックバック (0)
|

2011年4月 1日 (金)

みんなどこかでつながっているんだね

Photo

いきているかぎり

どんなときも

みんなどこかで

つながっているんだね

Photo_2

そらも うみも

ほしも つきも

ひとつのちきゅうで

つながっているんだね

遠くの国も 人も 気持ちだけは お互いをすぐに駆け抜けていける

自然は美しく雄大で、時に厳しくて怖い存在

でも私達は共存している

海を憎む人も 空を憎む人もいない

いつの世も 心のどこかで 愛しく思っている

人も自然もとてもよく似ている

良い面と悪い面、どちらも持っている

当たり前の事なんだと思う

それとどう付き合っていくか・・・

人も 国も 自然も 

きっと 同じ空間を共有する似た者同士

by miho

| | トラックバック (0)
|

2011年3月30日 (水)

うえきちくん

地元のゆるきゃら公募に描いたこれが・・・

Photo

        こうなりました (;´▽`A``

P1010199

これから地元や藤沢の中で活躍するそうです。

まだまだ未知の存在ですが、暖かく見守っていきたいと思います。

明日は大賞の授賞式へ行って来ます。

| | トラックバック (0)
|

2011年3月21日 (月)

東北関東大震災被災地のペット達

Photo

東北関東大震災における被災地で離れ離れになったペット達、またはやむなく飼えなくて預けられた子達がいます。

お探しの方はこちらを参考に連絡をとってみてください。

宮城県動物愛護センター   022-358-7888  宮城県黒川郡富谷町明石字下向田69-4
仙南保健所          0224-53-3119
塩釜保健所          (水没により閉鎖)
塩釜保健所岩沼支所    0223-22-2188
塩釜保健所黒川支所    022-358-1111
大崎保健所          0229-87-8001
栗原保健所          0228-22-2115
登米保健所          0220-22-6120
石巻保健所          (1階部分が倒壊により閉鎖)        
気仙沼保健所         0226-22-6615

| | トラックバック (0)
|

2011年3月15日 (火)

大賞でした

地元のキャラクター募集penguin

イラストとネーミングの応募していたことをすっかり忘れていましたが、大賞のお知らせがありました。

しかも今回の地震のあった日の朝にいきなり自宅まで来ていただき知らせを受けたのでした!

そう言えば電話番号を明記せずにメールで送ってしまっていたのでした・・・

これからあちこちで活躍するということですので楽しみにしています。

取り合えず簡単なプロフィールがいるということで後でメールを送りました。

また発表されたらご紹介します。

あの日の朝にはまさか地震が予知出来るはずもなく、午後から震度5以上の地震がありました。

その後余震が何度も来て、テレビでは地震速報一色になりました。

本当に酷い被害状況に胸が痛みます。

被害者の方々には心からお悔やみ申し上げます。

毎日ひとりでも多くの方が救出されることを祈っていますので、希望をもっていてください。

津波のあっという間の恐ろしさ、そして原発事故と今にいたって心配は続いています。

今日は計画停電もあり、また明日からも停電に協力する事になっています。

それは私達に今出来る形の協力ですから被災地で少しでも役立ってくれることを願います。

| | トラックバック (0)
|

2010年11月19日 (金)

入選していました(^▽^)

「 第36回現代童画展 」 で入選の通知を受け取りました

今年行った広島旅行、そこで見た原爆ドーム、今も広島全体に見えてくる戦争の爪痕。

日本が受けた傷は今も心の傷となって残っていました。

中でも何も知らない子供たちが大勢犠牲になったことは人間として許せるものではありませんでした。

大人でも悲惨で苦しみもがくことを子供が受けたという恐怖や怒りは時間を経ても消えてなくなりはしないものでした。

今もその魂がこの世に彷徨い迷っているのではないかという気持ちから、慰霊の意味も込めて1枚の絵にしました。

おどろおどろしいものではなく心が安らぐようなものになったと思います。

入選した絵は、東京の上野美術館に展示されます。

2010年12月1日(水)~12月7日(火)
東京上野の森美術館 10時~5時 (最終日1時まで入場2時閉館)
チケット:一般・大学生700円 高・中学生300円 小学生以下無料

他の素晴らしい絵と並んで私の絵も飾られますので、お時間や興味のある方はどうぞ足を運んでみてください。

Photo

Photo_3 

| | トラックバック (0)
|

2010年8月 3日 (火)

広島平和記念資料館

今朝は久しぶりに涼しい風の吹く過ごしやすい朝になりました

40度近い夏が当たり前のようになっている今日この頃ですが、子供の頃はこんなに暑い日はなかったと思います

30度越えで悲鳴を上げていたのがウソのように感じます

もっともっと遠い夏の日にはまた違うこともあったかもしれません

先週行った広島での平和記念資料館が思い出されます

知っている事ではありますが、あそこで実在した当時の生々しい写真や原爆後の衣服、建物の一部などが展示されているのを見ると、被爆した方々の事を思い深い悲しみに襲われます

もう何年もたった今でも忘れられない人間の過ち

繰り返してはいけないのだといいながら、今も世界のどこかで常に起こしている戦争は罪以外の何ものでもありません

なぜなら国同士の戦争が関係のない子供たちまで巻き込んでいるにすぎないのだから・・・

そして純粋な気持ちにまた悪い種を植え付け戦争の原因を作っているのかもしれません

事実という恐ろしい地獄のような体験

それは被害に遭ったお亡くなりの人にとってどんなに恐怖だったことか。。。

あの核爆弾は必要のない実験にすぎなかったということは間違いない気がします

あれで戦争が終わったという正当化発言は勝った国の勝手な言い分でしかなく、歴史はそうやって戦勝者に有利なように塗り替えられていくのだとみんなどこかで解っています

罪は罪でしかなく、どんなに正当化しようと人間が意図的にした殺人の事実は変わらない

人ほど恐ろしく罪深い生きものはいない

4000度の熱、あっという間に消滅してしまうのでしょうが

その一瞬で終われない苦しみ、生き萎えながら苦しんだ人達の生き地獄がこの原爆の恐ろしさです

そして後から襲ってくる放射能の影響、体を蝕む恐怖と怒り

こんな哀しみがこの世にあったという事実、これほどの壮絶な事実を世界が本当に理解しているのだろうか・・・

海外からの訪問者はいますが、どれほどの人がこの事実に関心を持っているのかという疑問はあります

日本人でさえこの資料館を見ずに終える人がいるでしょうが、絶対に忘れてはいけない語り継いでいかなければならない負の遺産である事に間違いはない

1945年、8月6日8時15分、核爆弾が落とされた日・・・

絶対に繰り返したくない広島の人々の強い願いを感じました

今は平和公園が美しく整備されている、その横に原爆ドームが建ち、余計に物悲しさを感じます

そして復興した人々の強さに心打たれて景色を眺めると、人はなんて強いのかと思わずにいられませんでした

本当の強さとは攻撃などではなく、忍耐と前向きな気持ちの持ち方なのだということがはっきりと自覚させられます

残された方達の哀しみや苦しみを無駄にしないよう、戦後に生まれた私達は何かを学びとらなければならない

未来の子供たちに伝える何か、苦しみから生まれるものは必ずあるということもそのひとつである

miho

| | トラックバック (0)
|

2010年7月17日 (土)

カナダのギャラリ―で展示予定

カナダのルーファス・リンギャラリーにて

私の描いたこの作品が展示されることになりました

Photo_2 「あのそらに向かって」

まだ昨日国際便で送ったばかりです

少し前にルーファス・リンギャラリー様より招待状をいただき、日本美術を知ってもらう為の絵として海を渡る事になりました

あちらで気に入ってもらえると嬉しいです

今はまだ空の上でしょうか・・・

多分展示は8月になると思います

あちらへ行かれる方はどうぞ見に行ってくださいね、入場無料

カナダ バンクーバー 【 ル-ファス・リンギャラリー 】 

開館時間:月曜日から金曜日 10:00 - 17:00

http://www.rufuslingallery.com/

詳しい事が解りましたらまた記事にしたいと思います

| | トラックバック (0)
|