カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2012年11月13日 (火)

豆本と原画

茅ヶ崎ギャラリ―木の実さんでの童画展は昨日で無事終了いたしました。

昨年より作り始めました、豆本が思いの他好評で、皆様に楽しいひと時をお届け出来、楽しんでいただけました。

初めて見る方、またブログで見てわざわざここまで脚を運んでいただけた方、両方にご満足いただけた様で、作者としては嬉しい限りです。ありがとうございました。

原画はパステル色鉛筆、水彩色鉛筆、アクリル絵の具、水彩絵の具等、公募展入選作品と共に豆本原画を中心に展示いたしました。

今回はご来店の方からの生の声をたくさん聞くことが出来、励まされた思いです。

豆本に対しては皆さんの「驚きと微笑み」をいただき、イラストに対しては「可愛い」や「優しい絵から癒されました」との感想が1番多かったです。

木の実さんでは毎年1度の展示が続いていますが、来年は出来る時期がもういっぱいで、予約がとれませんでした。

次回の木の実さん展示は、再来年に考えています。

その間に、「またこいでみほの展示作品を見たい!」 と思えるような作品作りに励みたいと思います。

また、来年からネットショップの方へ作品を掲載出来るように徐々に準備していきますので、出来あがり次第、在庫の分はお買い上げできるようにしたいと思います。

そちらの方も今後ともよろしくお願い致します。

こいでみほ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月 1日 (木)

第8回 童画展―豆本と原画―

11月1日(木)~12日(火)

茅ヶ崎 カフェギャラリ―木の実さんにて展示販売します。

今回は、豆えほん「ぐるりんぱっ」の原画を中心に、他の原画を合わせて展示いたします。

新作の小説「憂鬱を吹っ飛ばせ」や「伝説の猫」、ポエム「おしゃべrなハート」など、今年は精力的に豆本作りに力を入れました。

小説は長文なだけに、校正がかなり大変な作業となり、また製本でも頭を悩ますことも多かったです。

昨年発行した絵本も文字の改良やコスト面での仕様改良などを施しました。

ストーリーの発案から始まって、豆本という形にするまでを一人でこなすのは大変ではありますが、普通の出版本とは違い制約というものがないので、自由な発想のもと作ることが魅力と言えます。

絵本は勿論ですが、私の他の豆本にも必ずイラストを入れていますが、イラストと文章の両方を上手くMIXしてあるのが私の豆本の形と言えます。

ひとつの作品を作り出す作業を全て手作りですることは、本というよりはアートの範囲になり、ひとつひとつに思いを込めています。


P1010005_2


 詩集 「おしゃべりなハート」

 1番新しい豆本は、出来たてのほやほや詩集です。 挿絵入り。可愛い豆本です。


Photo_6

 小説 「伝説の猫」
 

読みやすく字を改良してあります。
Photo_4


 花言葉30

 花言葉は豆本フェスタで売れ切れたのでまた作りました^^

| | トラックバック (0)
|

2012年8月 7日 (火)

67年め、転換期?

ここのブログはすっかり放置したまま月日が経ってしまいました。

日付を見て驚きましたが、その間豆本作りが殆どで、ブログはamebaに更新しています。

今年の暑さは半端なく、そんな中昨日は広島の原爆投下67年目の日でした。

資料館で展示されていた歴史を目の当たりにしたことをつくづく思いだしながら黙祷を捧げました。

子供にも、日本人としていつか広島へ行って原子力爆弾の恐怖、そしてその犠牲になられた方のことをきちんと見てくるようにと話をしました。

3.11震災との関連、原子力反対の動きとの関連の意味がよりリアルに感じられるかと思います。

人にとって必要なエネルギー発電ですが、今の現状を見る限り原子力を扱う事の危険さの方が大きいので、他の道を考えて行くことが望ましいと思います。

東電の体質を見れば、余計に危機感しかなく、間違いに依存しない社会が出来ることを願うばかりです。

今、優秀な学生が一生懸命に勉強していることで、新しいものへの改革や研究、実現を目指してくれる事を期待します。

| | トラックバック (0)
|

2012年4月 8日 (日)

スタート地点

4月に入ってもまだまだ寒い日が訪れる今年は、桜の開花が遅かった。

息子の入学式ではまだ5分咲きでしたが、1週間経った今日は満開になりました。

P1010006_2

昨年は地震で出られなかった2年生も今年は式に一緒に参加ということで、改めて東北で起きた地震を思い起こさせることとなり、1年という時の流れがあっという間に過ぎてしまったのだと実感しています。

私にすれば息子がここまで育ったことに安堵感のようなものもあり、子供の入学式プラス、親の卒業式のような感じです。

これからは、ひとりで考え行動していくことも多くなるでしょうし、社会人になる為の責任も身につけて少しずつ親から離れていくのかもしれません。

とはいえ、自宅から通うので、逆に意見のぶつかることもあるかもしれませんが、充実した学生生活になるように応援しています。

今出来ることを頑張って、楽しく生きて欲しい。

Church

| | トラックバック (0)
|

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

Cocolog_oekaki_2011_12_31_10_07

初春のお慶びを申し上げます

昨年は歴史に残る大きな災害と政治不信の年でもありました。

今年こそ龍に因み、再生の年になりますように心から願います。

Photo

昨年、震災後の早朝に撮った画像です。。。☆

龍神でしょうか・・・

| | トラックバック (0)
|

2011年12月24日 (土)

2011のメリークリスマス

2011_2

サンタからの贈り物には夢や幸せがいっぱいに詰まっているのでしょうか・・・

| | トラックバック (0)
|

2011年11月18日 (金)

ありがとうございました

今年の個展や公募展示は、16日の上野美術館ですべて終了いたしました。

思えば春の東北大地震からあっという間でしたが、もう12月も目の前です。

当初は天地がひっくり返ったような出来事でしたが、次第に普段の生活を取り戻して大災害も過去へと置いてきぼりになりがち・・・

今年のクリスマスや年末は例年通りとは少し違うかもしれませんが、不況や災害のあった年程、家族間の団結も強くなるのではないかとプラス思考で考えれば、悪いことばかりではないのかもしれません。人の考え方次第でどうにか前へ進んでいくものですね。

被災地の方々の冬はどうなのだろうかと思う今日この頃ですが、ブータンから国王夫妻がお越しになれれて温かい気持ちでおられることと思います。

それにしてもブータンは日本人とどこか似ていますね。

僧侶をお連れになって福島でお祈りもしてくださったようで、日本人の信仰の深さとも気質が似ているようにも思えました。

タイやブータンは日本と親交が深いそうですが、そのタイもまた大洪水になり、今年はいろいろなことがあったのだと改めて思いました。

来年の干支である龍は、災害を守るといわれる湘南の龍神のようにこの日本を守ってくれるのかどうか・・・そうであることを願っています。

年々、年賀状は出す人が少なくなってきていますが、今度は震災と関連して、おめでとうの代わりに励ましメッセージのようなものも新しく出ているようですね。

それを思いついた人はなかなかのものだと思います。とても良い考えだと・・・(・∀・)イイ!

年末までにはしなければならないことが次々と出てきますが、合間に映画も観れたら良いなと思っています。 取りあえずは用事優先。。。

| | トラックバック (0)
|

2011年11月12日 (土)

第37回現代童画展

art11月10日(木)~16日(水) 上野の森美術館

10時~17時(最終14時)

入選していました「巡り来る春」 展示

art11月1日(火)~15日(火) ギャラリ―和真 

 私、こいでみほの 「 読む童画展 」 を開催中

10時~20時(採集18時予定)

出版物、手作り豆絵本の挿絵を中心に展示いたしますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

*ゆるキャラの「うえきちくん」原画は展示数制限の為、今回は展示紹介出来ませんでしたので、ご了解くださいませ。

藤沢駅南へ出てすぐのビル3階、エレベーターで上がってすぐ。

ギャラリ―和真   

               地図 

| | トラックバック (0)
|

2011年10月25日 (火)

藤沢ギャラリ―展示

11月1日(火)~15日(火) ギャラリ―和真 にて

 私、こいでみほの 「 読む童画展 」 を開催

出版物、手作り豆絵本の挿絵を中心に展示いたしますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

御所見地区のゆるキャラ、「うえきちくん」の原画もプリントアウトして紹介いたします。

藤沢駅南へ出てすぐのビル3階、エレベーターで上がってすぐ。

ギャラリ―和真   

               地図 

| | トラックバック (0)
|

2011年10月10日 (月)

ギャラリ―木の実は読書の秋でした

立ち読みの「憂鬱を吹っ飛ばせ!」は自然消滅いたしました。

現在は個展真っ只中です。

先日は、ガーリック博士のおみやげ話の作者かがいみえこさんが魔女おばさんのお話会をしに来てくださいました。

お客様と共に大変楽しいひと時を過ごさせていただくことが出来、またいろいろお話も出来て有意義な1日となりました。

Cimg0451

みんな食い入るように聴いていらっしゃいますね。

Cimg0448

4作品のうち、絵本「あいしているっていって」 も読んでくださいました。

Cimg0453

車いすの方もお見えです。

Cimg0455

最後はテーブルをお譲りして満席になり、「ガーリック博士のおみやげ話」、長いので途中まででしたが、皆さん最後までいらっしゃいました。

この時期は、ギャラリ―とお茶を目当てに入れ替わりお客様がおいでになるので、予約は受け付けませんでしたが、みなさん、飛び入りの方も含めて満足そうにして帰られたのが印象に残っています。

秋の読書とは申しますが、こうして大人も読んでいただけると嬉しいようですね。

お歳になると字を見るのが辛くなりますが、読んでもらえば本を読んだのと同じですし、ゆったりリラックスされたのではないかと思います。

「こいでみほ童画展」 は、10月17日月曜日16時までですので、どうぞお立ち寄りください。

展示販売も致していますのでそちらの方もお楽しみください。

7

| | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧