カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2010年2月24日 (水)

「アバター」

かなり遅くなってしまいましたが、観てきました

大迫力の3D画面はこの映画にピッタリ

明らかにSFですが、体がリンクする以外は今のゲーム内でもある程度は体験できる機能が増えています

自分でないの自分であるということ、これが実現したら本当にすごいことです

この内容、一部では宗教で許されない解釈があるという話も伝わってきていました

多分アレのことかな? という気はしますが、普通ではそこに何も引っかからない

この映画、心の奥に入り込んで人間の原型が見えてくる・・・そんな内容でした

人は見たものが全てではなくて魂の奥深くを見つめなければならない

それは原始的な何か特別な勘のようなものかもしれないし、大切なものを信じることかもしれない

当たり前のことがすべて嘘に見えてくるくらいにこの世の中がおかしくなったり洗脳されてしまったり・・・集団で暴走することの危険な行き先、それはいつの世も戦争ではないでしょうか?

集団は大きくなればなるほど危険ですから指導者を間違えばとてつもなく危険なことが起きてしまう

言われたままに罪を重ねてしまう者たちも何と弱い存在であろうか…と思わせる

勇敢に戦う勇気は必要ではあっても無駄な戦いはいらない

美しい映像と幻想の世界の中に、きちんとしたメッセージも入っていました

それでも本当に伝えたい人にはなかなか伝わらないもので、昔からずっと戦争は繰り返されています

最初に少し書きましたが、宗教的な考え方の相違、これが大きな原因

いつの世もここに融通の利かないそれぞれの理由があって大昔から命と引き換えに守られてきた秘密や伝統など、それがある限り続けられる戦争

平和とは愛とは何か・・・言葉でなくストーリーと映像で教えてくれる良い映画でした

主人公が、しきりに合言葉のように言う言葉があります

それは生きているという証し

| | トラックバック (0)
|

2009年2月 2日 (月)

映画「マンマ・ミーア」

昨日観た「マンマ・ミーア」素敵でした

P1001527_2 

何と言ってもミュージカル調の歌と踊りが愉快で楽しい!

そして名優メリル・ストリープやピアース・ブロスナンの歌がうまくて驚きました。

この歳で踊るのはかなりのものでしょうが、それぞれに3×3といった感じで男女3人ずつの中年の役どころがまたイキイキしていて面白いのです。大人にしかない魅力ってあるものです。

何年も生きて来ていろんな経験の中には後悔もあるし行き違いや勘違いなんかも沢山ある。いつの日にか再会したら・・・

アバの曲が今になってとても新鮮でした。

この曲はかなり前のものですが全然色あせていないんですよね。本当に懐かしくって帰りにはCDを買ってしまったほど! 当時はレコードだったんですよね~^^;

曲と詩がストーリーとして生きていて、まさに命が宿っているとも言えます。

そして忘れていないわね・・ユーモアがいっぱい♪

大人だからこそ忘れちゃいけない! 楽しくノリノリになって歳をさかのぼって踊り出したくなりますよ!

諦めるのはまだ早い・・・まだまだ人生にはいい事が沢山待ち受けている。

そんな気にさせてくれる映画でした。

私が1番好きなシーンは、メリルの親友役の1人が年下の男の子との絡む「ダズ・ユア・マザー・ノウ」の流れる歌と踊りの場面! ここが爽快でした^^ 大人の女性のタフさと恋のルールみたいなものがちょっとオシャレ(笑) 実際は笑えるんだけれどね・・・

bell今日ちょっと私にもいいことがありました。簡単にご報告です!notes

神奈川県青少年課から「あいしているっていって」の推薦図書の決定の連絡でした。

まだ正式な通知は来ませんが、事前連絡をいただきました。

また正式な報告があれば、ここで紹介させていただきます。

愛読いただいている方、ありがとうございます。もっと多くの方に読んでいただけると嬉しいです。

そうなることを祈ってconfidentshineheart04

・・・・・・・bell第4回こいでみほ原画展bell・・・・・・・

≪岐阜県優良図書≫ 絵本「あいしているっていって」

’09.3/5(木)~31(火) 水曜定休日

ギャラリー ブラッスリーHxM (アッシュエム)

カジュアルレストランです

☆・・・子どもに言っておきたい、自信を与えてあげたい!大人になってまた子供に言ってあげられる子になって欲しい・・・☆confidentshine

そんな気持ちで描いた絵本です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みほのおかしな日記帳☆時々イラストも見てね→

| | トラックバック (1)
|