カテゴリー「育児」の記事

2011年9月 2日 (金)

童画展のご案内&立ち読み

3149

goodbook出版グランプリ掲載作品の立ち読みが出来ます。

私の参加している作品 「憂鬱を吹っ飛ばせ!」 を含む13作品です。

Photo_2  「憂鬱を吹っ飛ばせ!」 こいでみほ 

           ←をクリックすると立ち読みサイトへGO!

8/26日から9/25の間、立ち読みが出来ます。

気に入りましたらポチッと予約を入れておいてくださいね♪

期間中、390冊以上のご予約で刊行が決定します。

刊行決定の際には、初版印税はすべて被災地動物救済支援金に回されます。

( 刊行出来なかった場合は、予約は自然消滅いたします・°・(ノД`)・°・ )

| | トラックバック (0)
|

2011年8月24日 (水)

立ち読み「憂鬱を吹っ飛ばせ!」

goodbookグランプリ新プロジェクトに参加しました

8月26日~9月25日の間に390冊以上のご予約注文を頂ければ商業出版されます。

初版の一部が東北大震災被害の動物救援金に寄付されます

しかし目標達成されなければ刊行は白紙ということで、予約も自動的に破棄されるという企画です。

今回は出版経験者のみの参加なので、他皆さんも素晴らしい書き手ばかりです。

宣伝等何も出来ませんが、26日から立ち読みが出来ますので、ぜひ1度ご覧いただきたいと思っています。

私の参加した作品は、タイトル 「憂鬱を吹っ飛ばせ!」。 主人公は中学2年生男子ミッチ、誰もが通る思春期という壁を感じ、鬱々としたに日々を送るようになります。そこに奇妙な出来事が起こり始めて・・・ミッチが何とかしようと取った行動とは? ミッチの考え方、ユーモアな性格が憎めない普通の男の子です。 彼が大人になった時、魅力あるひとりの男性になるのを予感させる、そんな魅力を主人公に当てはめて描きました。 これから思春期を迎える子も今真っただ中の子も、そして それを見守る周りの方々にも読んでいただきたい1冊です。 母子の関係もところどころに出てきて、ほのぼのとする場面もあります。 私自身がふたりの男の子の母親であり敏感に感じ取っていた言葉や態度を参考に書いています。 子供の数だけ親の数もあり、すべての子が違っていて当たり前ですが、この1冊を読んで何かが心に残ってくれるものと信じています。 子供の考えていることをちょっぴり覗いてみませんか?意外と誤解している部分やホッと出来る部分、共感できる部分があります。 そして、若い子にはミッチのユーモア精神を心に留めてくれたら良いなと思っています。 魅力ある大人になってほしいと願っています。

以上、作者目線からの本の紹介でした。 / こいでみほ

立ち読みはこちらから → http://goodbook.jp/notes1.html

8/26~9/25

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年4月 1日 (金)

みんなどこかでつながっているんだね

Photo

いきているかぎり

どんなときも

みんなどこかで

つながっているんだね

Photo_2

そらも うみも

ほしも つきも

ひとつのちきゅうで

つながっているんだね

遠くの国も 人も 気持ちだけは お互いをすぐに駆け抜けていける

自然は美しく雄大で、時に厳しくて怖い存在

でも私達は共存している

海を憎む人も 空を憎む人もいない

いつの世も 心のどこかで 愛しく思っている

人も自然もとてもよく似ている

良い面と悪い面、どちらも持っている

当たり前の事なんだと思う

それとどう付き合っていくか・・・

人も 国も 自然も 

きっと 同じ空間を共有する似た者同士

by miho

| | トラックバック (0)
|

2010年10月24日 (日)

童話『ガーリック博士のおみやげ話』

P1010078_2

個性的な博士、不思議な島と珍しい鳥、可愛い甥のクレソンが表紙を飾ります。

かがいみえこさん作の愉快な冒険のお話です。

イラストはわたくし、こいでみほが担当しました。

とにかく楽しいお話でテンポよく読めるので、お子さんも読みやすいはずです。

言葉遊びが出来ることもこの本の魅力ですので、何より最後まで飽きさせない本であると思います。

≪goodbook出版≫ ¥1,365-(税込)

読んでみたい方はこちらから→ 

昨日今日と地元の文化祭で今年はじめて1枚絵を展示していましたので搬出がてら、図書コーナーにこの本を寄贈してきました。

私の前の「あいしているっていって」もありました。

「おもいでにかわるまで」は只今貸し出し中でしたがちゃんと活用されていましたhappy01

嬉しいですね。

3冊ともここで長く愛されますように。

Dscf0048_3

絵は今年の個展で描いた1枚 『天使のはしご』(水彩画)

こちらのWEB会場は12月10日までですので引き続きよろしくお願いいたします         

 第5回チャリティポストカード展WEB会場

Charipovol5_4

みほのおかしな日記帳☆時々イラスト☆

みほのおかしな日記帳☆時々イラスト☆

| | トラックバック (0)
|

2010年6月 9日 (水)

絵本「おもいでにかわるまで」残り5冊

今日の午後、作品の搬入に行ってきます

今回は合同詩集「夢は想いから」の挿絵と表紙の原画を中心に、水彩画・色鉛筆がもあわせて展示いたします

詩集の本やポストカードも販売もさせていただきます

tulip6月10(木)~21日(火) 11:00~18:00(最終日16時)

第6回 こいでみほ原画展

カフェギャラリ―木の実 にて

tulipお知らせ

私の処女作である絵本「おもいでにかわるまで」残り在庫5冊は今回の個展で販売終了となります

おもいでにかわるまで」をご愛読いただきました皆様ありがとうございました

前回の個展でお買い上げ出来なかった方は、この機会にぜひお買い求めくださいませ

Toppage ¥1、260-

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)
|

2010年2月28日 (日)

「合格したよ」

Photo

春1番が関東に吹き荒れた日26日に二男の高校受験の合格発表がありました

お陰様で無事合格

今年は世の中の不況が影響したからなのか倍率が特に高かったようです

最後までやきもきしましたが、発表を見に行った息子にはやることはすべてやったから、結果はどちらになってもそれはそれで良いと言って送り出しました

これはまだスタートなのだからと・・・

とはいっても、親とすれば希望の高校に受かる事を祈らずにはいられません

神棚のさかきを変えたり手を合わせたり、受験の前日には恒例のカツを食べるなど、何かと縁起を担いでみたり・・・^^;

とにかく結果を待つ間やることがあって良かった

イラストに色をつけながらTVで女子オリンピックフィギュアスケートフリー前の様子やショートプログラムの時の映像などを観ていました

時計を見るとすでに発表の時間をとうに過ぎていました

何故連絡が来ないのか? 封筒を受け取る方式なので順番に時間が掛かっているのなら良いけれど・・・心臓がドキドキしていました

まさにそう考えていたその時に着信音が鳴り響き、携帯を手にすると、主人の電話番号でした

心配で会社からメールをしてきたのですが、まだだと返信・・・内心紛らわしいな(-゛-メ)と思って携帯を置こうとした瞬間、息子からメールが来ました

ひとこと 「合格したよ」

久しぶりにうれし泣きしました。。。すぐに神棚に手を合わせて子供の報告とお礼を言って、主人にメール

その後は心配していてくれた人たちにメールをしまくって途中連絡を受けながらもしばらくそれに時間を費やしました^^;

この日のお昼は2人でお寿司を食べに行き、ケーキも買って夜はステーキにしました

それにしても長男の時とは違い、最後まで緊張しました

前期で入った長男の時とは違い、後期受験は後がないだけにやはり心配

でも私達の頃は前期受験というものなどなかったので、これが普通と言えば普通なのかもしれないです

来年からは前期受験は無くなると聞いています

自分の親も当時は同じ思いで私達を見守ってくれていたのでしょうね

そう思うと子供を通してまたひとつ親に感謝の気持ちを覚えることができました

父はその頃入院中でしたが手術も終わって今週退院

母にはこの良い知らせで父が元気になると良いねと電話で話しました

中学では気になる事がいろいろあって今回は少し神経を使いました

それはまた次に書くかもしれません・・・

この日は午後から女子フィギュアに湧きました

浅田真央ちゃん銀メダルおめでとう

彼女、記者会見ではいつも笑顔を絶やさないのにあの日は思わず涙を流していました

銀でもミスがなかったとしたら真央ちゃんはあれだけ悔しくはなかったと思います

得点ではキムヨナには勝てなかったでしょう・・・ジャンプに対しての加算点数があれだけ低いのですから

でも私はトリプルアクセルをショートでもフリーでも成功させた真央ちゃんにエールを贈ります

自分が何かに挑戦して達成したのは素晴らしいこと

優雅に滑るだけのアイスバレエではない、その姿勢が今後のフィギュアにも繋がっていくはずです

安藤選手、鈴木選手も気迫が感じられました

みんな一生懸命に生きている、光輝いている! と心から賞賛

そして息子にも 『 良く頑張ったね 』

 

| | トラックバック (0)
|

2009年10月13日 (火)

絵本と動物の絵・・・藤沢市民会館にて

「動物フェスティバル神奈川2009inふじさわ」に参加

Cimg3425_6

 

絵本のパネルと動物のポストカードをパネルにして展示

催し案内には載せていなかったにも関わらず、少人数ですが読み聞かせもしました。

最後にクイズもしましたが、ちゃんとお話を聴いていてくれたので正解を答えてもらえました。塗り絵とポストカードを1枚ずつ差し上げました。

お急ぎではないということで「おもいでにかわるまで」の方も読ませていただき大変喜ばれ私も嬉しかったです。

絵本を通して動物がいつもどんなふうに感じて何を言いたいか・・・それを伝えられたらといいと思います。

動物フェスタということで様々な生き物に関する展示がおこなわれたり、盲導犬や訓練犬のデモンストレーションが行われて里親募集などもありました。

盲導犬募金にはささやかながらここでも少し寄付させていただきました。

ここ藤沢市民会館では毎年「動物愛護のつどい」が開かれていますが、今回は神奈川県として開かれたようです。

動物を飼う前の心構えや健康相談などもあるようですのでまだ行かれたことのない方は1度足を運んでみることをお勧めします。

| | トラックバック (1)
|

2009年9月18日 (金)

動物フェスティバル神奈川2009inふじさわ

10月12日 

動物愛護週間として藤沢市民会館で開催されます

ここで私も 絵本「あいしているっていって」を 朗読することになりました。

070_2

まだ時間が決まっていませんが、ブースを設けて絵本を読みます。

いろんな動物が出てきますが、中でもとくに猫の場面が獣医さんから評価いただいています。

この絵本の中のテーマである「愛」が人と動物との絆へ繋がっていただけたらと願っています

いくつもの愛の中にある動物との関わり、それは私たち人間に限りない癒しを与えてくれています。

いろんな愛に気がつけば、それが人の成長に必ずいい影響を与えられるものと信じています。

忘れかけているやさしい気持ち・・・

そんな気持ちをもう1度見直していただきたいと思います。

私著者本人が読むことはまずありませんが、今回は地元の動物愛護ということで私の愛犬のかかりつけの医師より依頼されましたので、今回参加することになりました。

時間が許されるならもう1冊すでに絶版になりましたが「おもいでにかわるまで」も読みたいと思います。

命の大切さと死に対する心構えとして支持を頂いていましたこちらの絵本はもう販売はしていませんが一部図書館では見られると思います。

過ごしやすい季節となりました、小さなお子様には塗り絵を差しあげたいと思いますので、当日は是非一緒に越しくださいね。

※ 他にはこんな催しがあります

071

|
|

2009年9月 3日 (木)

素晴らしい未来へ

自民党から民主党に政権が代わり、海外からも大きく注目されているようです。

アメリカも民主党ですが日本の民主党とは比べ物にならないくらい基盤がしっかりと出来ている。

もちろん歴史が違うので日本のそれは新一年生のような感覚で見られているのかもしれません。

日米関係も大切ですが、今は日本の中の事を優先して改革を進めてほしいものです。

またマニフェストも達成というより国民の意見意識も考慮した上で進めてほしいというのが本音です。

何が起こるか解らないわけで、細かく分析していく上で断念することや違った意識が生まれたとしてもそれは本意なのだから何も恥じる必要なないのだから、言った言わないというよりはずっと誠意があると思います。

国民に対する解りやすい説明というものがあれば納得するものでもあります。

改革を進める上で組織の中だけで決めてしまえば今までの自民とあまり変わりないような気もします。

上から目線ではなく一般国民の代表として日本のトップに立ったのだということを忘れずにいて欲しいもの。

1番気になるのは天下りと福祉、子供関係です。

まず見直してほしいのが税金の無駄使いと天下り。

こんなおかしなことがずっと何年も行われて赤字をさらに大きくしてきたのはもう明白でその怒りが今回の選挙結果でもあったということは事実です。

これをどこまで修正できるのかは分かりません。

また逃げ口が出来るのかもしれません。

お金持ちの優位な社会・・・いかにも楽して財産を残そうなんていう考えは子供が学歴だけでやる気のない企業幹部と同じことだと思います。

昭和の経済成長期のような活気がこれから生まれるように願っています。

私たちだけでなく子供の代へと続く楽しい未来って何でしょうね?

ひとりひとりの素晴らしい能力、お金では変えられない価値を上手く社会に貢献していけると良いですね。

その為の子供への投資は大切。

甘やかすのではなく社会が育てる社会になって欲しいと思います。

by miho

|
|

2009年6月22日 (月)

絵本のCMが出来ました

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

|
|

より以前の記事一覧