誰もが訪れる青春期、ある少年の不思議な体験を怖さとユーモアを交えて書いた読みやすいファンタジー小説です。